マスク

GSIクレオス「アンチウイルスマスク」予約購入方法!性能や使いごこち・値段・カラーサイズも!

GSIクレオス社が発売する「繰り返し使えるアンチウイルスマスク」の機能がすごいです!

「アンチウイルスマスク」は、表面に付着した細菌やウイルスを99%破壊してくれる効果がある特殊な布を使ったマスクなんですよ!

2020年7月1日(水)から通販サイトで予約販売が開始になります。

最近のマスクは、ただ飛沫を防ぐだけの「日常使いマスク」から、「ウイルスを徹底的に防御するマスク」まで、それぞれの特徴ごとに多様化しています。

「繰り返し使えるアンチウイルスマスク」は、ウイルス防御に徹底的にこだわりつつ、綿100%の布マスクなので肌触りの良さもかね備えているバランスの良さも気になります。

そこで今回は、

  • GSIクレオス社の「アンチウイルスマスク」はいつからどこで販売?
  • 「アンチウイルスマスク」の値段・カラー・サイズと使い心地・暑さ・息苦しさは?
  • 「アンチウイルスマスク」の特徴や性能は?ウイルス不活性化ってなに?
  • 「アンチウイルスマスク」の口コミは?

についてお伝えします。



GSIクレオス「アンチウイルスマスク」はいつからどこで販売?

「アンチウイルスマスク」は、GSIクレオス社が運営する公式オンラインサイト(jolie clothes)内で販売されます。

7月1日(水)から先行予約の受付を開始し、予約分の商品の発送は8月3日(月)からになります。

▼「アンチウイルスマスク」の公式通販サイトURL
https://jolie-clothes.com/shopbrand/ct129

 

●予約受付期間
2020年7月1日(水)〜2020年7月30日(木)

●商品発送
2020年8月3日(月)〜2020年8月7日(金)

※GSIクレオス社が運営するECサイト「jolie clothes」で販売されます

出典:https://jolie-clothes.com/shopbrand/ct129

GSIクレオス社「アンチウイルスマスク」の値段・カラー・サイズと使い心地・暑さ・息苦しさは?

GSIクレオス社の「アンチウイルスマスク」の発売日や値段やカラーやサイズなどを表にまとめました。

商品名、発売日、価格、サイズ、カラー、生産枚数、洗濯方法など

 

商品名 繰り返し使えるアンチウイルスマスク
発売日

発送日

●先行予約期間

2020年7月1日(水)〜2020年7月30日(木)

●発送日

2020年8月3日(月)〜2020年8月7日(金)

価格

◆バルブ(通気口)付き

 3,180円(税抜)

◆バルブ(通気口)無し

 2,980円(税抜)

サイズ サイズはMとLの2サイズ

Mサイズ
(縦16.5cm 横21cm)

Lサイズ
(縦17cm 横25cm)

カラー ネイビー 1色
素材 本体:綿100%

フィルター:ポリプロピレン

耳ひも:ナイロン・ポリウレタン

ノーズワイヤー:ポリプロピレン

バルブ部:ポリプロピレン・シリコン

初回生産枚数 10万枚
洗濯方法 冷水のみで手洗い(洗剤や漂白剤不可)

軽く押し洗いして陰干しする

アンチウイルスマスクのサイズは、MサイズとLサイズの2種類で、カラーはネイビー1色です。

カラーがネイビー1色なところが、「機能性重視」の意気ごみを感じます。

デザインで特徴的なのは、顎の下にゴムがついていて、これにより隙間なく顔にフィットするようになっています。

ノーズワイヤーと顎下のゴムで、どこの隙間からもウイルスを侵入させない鉄壁な作りですね!

「通気口バルブ」有りのタイプと無しのタイプがあります。

バルブをどのように活用するのかも気になりますね。

配送料について

配送料については、詳細がわかるまではクレオスの通販を参考にされれください。

一番安い関東で626円です。

配送料について



使い心地、息苦しさ、暑さ、耳紐のキツさなど

マスク本体は、Tシャツなどに使われる柔らかい生地で、素材は綿100%を使い、肌への負担を和らげているそうです。

公式ページには、

  • 肌に密着しないので不快感が無い
  • 立体的で呼吸がしやすい
  • メガネがくもりにくく着用していて楽
  • 口もとに空間があるので生地が口に張り付かない

と書かれています。

また、

「耳ひも」には、平たく薄いゴムが使われているので耳への負担がかかりにくいそうです。

「アンチウイルスマスク」は、随所に工夫がされたマスクなんですね。

とはいえ、ウイルスが入り込まないように、顔にぴったりと密閉されてされているので、

暑さは大丈夫なのかが気になるところです。

通気性に関しては記載が無いのですが、通気性を確保するために「バルブ」があるということですよね?

いったいどんな場面でバルブを使うのか、ちょっと謎でした・・・。



GSIクレオス社「アンチウイルスマスク」の洗い方

かなり高機能な「アンチウイルスマスク」ですが、一番気になるのは「洗い方」です。

公式ページによると、洗い方は以下のように書かれています。

  • 洗う頻度は毎日〜7日毎
  • 冷水のみの手洗い
  • 洗濯機や乾燥機は不可
  • 塩素系漂白剤は不可
  • 陰干し(直射日光は不可)
  • 30回までの水洗いが可能
  • 洗濯で多少縮む場合がある

出典:https://jolie-clothes.com/shopdetail/000000000740/ct129/page1/order/

個人的には、「冷水のみの水洗い」というところが、ちょっと驚きでした。

汗や皮脂、女性の場合はお化粧汚れなどを洗い落としたくなると思うので、水洗いだけだと汚れが取れないのではないか?と心配です。

抗菌効果が抜群なので科学的な意味での「清潔」は保たれているのでしょうが、洗剤を使ってさっぱり洗いたくなるかも・・・。



GSIクレオス「アンチウイルスマスク」の特徴や性能は?ウイルス不活性化ってなに?

GSIクレオス「アンチウイルスマスク」の最大の特徴であるウイルスを破壊する効果についてですが、秘密は特殊な生地にあるようです。

スイスのLivinguard社が作った抗ウイルス加工を施した生地(Livinguard加工生地)を、マスク表面と内側に使っていて、生地に付着した細菌やウイルスを99.9%死滅させる(不活性化させる)とのこと。

「Livinguard加工がウイルスやバクテリアを磁石のように吸着」と書かれていて、驚きました!!
そんな技術があるなんてすごいですね。

Livinguard加工生地でできたマスクというと、なんだか、ものすごくハイテクですごそうな生地で化学繊維をイメージしがちですが、なんと、綿100%でできているそうです。

しかも、「Livinguard加工」はオーガニック薬剤」と書かれています。

薬剤なのにオーガニック?とまたまた謎ではありますが、「人体に悪影響はないよ」というアピールなんでしょうか?

また、「アンチウイルスマスク」は3層構造になっていて、真ん中の層にはN95規格のフィルターが使われています。

N95規格のフィルターは0.3μmの細菌を濾過する性能を持っているフィルターです。

「アンチウイルスマスク」は、このフィルターをLivinguard加工生地で挟んだ3層構造になっています。

マスク表面で細菌やウイルスが死滅しなかったとしても、真ん中のフィルターで防御できるということですね。

「Livinguard加工」は洗濯により徐々に性能が落ちていっても、フィルター性能があるので長期的に使えるようです。

そこで、気になる洗濯回数ですが、アンチウイルス効果・機能を維持したまま、約30回の使用が可能だそうです。(冷水のみの手洗い)



GSIクレオス「繰り返し使えるアンチウイルスマスク」の口コミ

これからいろんな口コミが増えてくると思うので、みなさんの意見が楽しみです。

▼GSIクレオスのマスク、なんかすごそうなイメージ

 

▼クレオスのマスクたけー

前評判と口コミに関しては今後追記していきますね。



GSIクレオス「アンチウイルスマスク」予約購入方法!性能や使いごこち・値段・カラーサイズも!まとめ

今回は、GSIクレオス社の「アンチウイルスマスク」についてお伝えしました。

ウイルス防御を重視したマスクなので、「絶対に感染したくない!」というここぞという時に活躍しそうですね。

様々に進化している現在のマスク事情ですが、

これからは、マスクもTPOに応じて使い分ける時代になっていくのかもしれません。

この記事がマスク選びの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。



\ みんなが買ってるマスクはコレ ♪/
あわせて読みたい