gotoトラベル

【2021最新】GoToトラベル2.0の旅行はいつから?利用条件や注意点まとめ

goto2.0 いつから 注意点 利用条件 画像

ついに、GoToトラベル(ゴートゥートラベル)の再開が検討されてますね!

新たなGoToトラベルは「GoTo2.0」と呼ばれています。

実際の利用には、感染対策などの利用条件が加わりそうですが、ずーっと旅行を我慢してきた身としては、嬉しいニュースです!!

そこでこの記事では、

GoTo2.0(GoToトラベル)の予約期間、利用方法の注意点についてまとめました。

GoToトラベル2.0での旅行はいつからいつまで?

goto2.0 画像GoToの再開日程はまだ決まっていませんが、テレビではすでに「GoTo2.0」として紹介されています!

GoTo2.0はいつから?

goto2.0 画像引用:めざまし8、2021年10月4日放送より

GoTo2.0(GoToトラベル2.0)の開始時期ですが、

早ければ11月中に開始されるのでは?

との予想がされています。

根拠になったのは、

岸田新総裁が、

岸田文雄
岸田文雄
1日も早く、通常に近い社会経済活動を取り戻していきたい

と、発言したことや、

選挙戦の際に、以下のような発言があったからのようです。

↓  ↓  ↓

自民党総裁選に立候補した岸田文雄氏は19日、日本旅館協会の浜野浩二会長らとオンラインで協議した。

新型コロナウイルスの感染拡大で停止中の観光需要喚起策「Go To トラベル」について、再開を検討すると伝えた。

再開する時期に関しては「平時に近い社会経済活動を取り戻し経済を再開したら」と述べるにとどめた。

引用:日本経済新聞

日本旅館協会の会長さんに「再開を検討する」と明言していることから、GoTo再開そのものは確定でしょう。

「平時に近い社会経済活動を取り戻したら」というのがどの程度なのか議論が生まれそうですが、緊急事態宣言解除で一斉に飲食店に人が戻ったのをみると、そう遠くなさそうです。

現に、観光庁は2021年10月5日、旅行会社が実施するツアーや宿泊施設を対象に、ワクチン・検査パッケージの技術実証(実験)について発表しています。

ワクチン・検査パッケージとは?

ワクチン接種歴や陰性証明をもとに、新型コロナウイルスを他者に感染させるリスクが低いことを示す仕組み

実験は、10月・11月で実施されるそうで、

  • 感染防止効果があれば

11月中のGoTo再開もあるのでは?との専門家の意見もあるそうです。

▶詳しい情報は観光庁HPに掲載されています。

年内再開の必須事項

goto2.0 画像引用:WBS、2021年10月11日放送より

一方で、テレビ東京『WBS』(2021年10月11日)に出演した岸田新総裁は、年内再開に慎重な姿勢を見せています。

なぜなら、経済そのものを動かすために、

  • ワクチン接種
  • 経口治療薬(口から飲める薬)

この2つが必須

普及させるためには年内いっぱい掛かるのではないかと言われているようです。

また斎藤国土交通大臣は、GoTo2.0について段階的にと語っています。

↓ ↓ ↓

(新型コロナ感染の)状況は良くなっているが、いっぺんに全国でやると心配も多いので(旅行促進は)段階的に進めなければならない

引用:livedoor news

つまり、

  • ワクチン・検査パッケージの技術実証の結果
  • ワクチン接種率
  • 経口治療薬の普及

により、GoTo再開の時期が決まりそうですね。

また、一気に再開するのではなく段階を踏んで再開される可能性もありそうです。

今後も情報のチェックが欠かせませんね!

ネットでは、早速予定を立ててる方もいましたよ~!

↓ ↓ ↓

当然ながら「まだ早い」という意見もありました。

↓ ↓ ↓

GoToトラブルなんてワードも!

↓ ↓ ↓

はぴ
はぴ
やはり賛否両論ありますね…



GoTo2.0での旅行の注意点や利用条件は?

goto2.0の利用条件引用:めざまし8

GoToトラベルの再開(GoTo2.0)に当たっては、以下のような利用条件が追加されるのではないかと言われています。

▼旅行者の条件

  • ワクチンの接種証明・陰性証明

▼宿泊施設の条件

  • 感染対策の徹底(認証制度
  • 中小規模の旅館・店舗などプレミア率UP
  • 地域共通ポイントのデジタル化

ワクチン接種証明や陰性証明は、旅館や飲食店などで提示が必要になりそうです。

はぴ
はぴ
陰性証明は一定期間有効のものを取得できるようにするんだとか?

陰性証明取得については、

  • 予約不要の無料PCR検査を拡大
  • 簡易な検査キットを普及

などの予定でしたが、

検査費用は旅行者の自己負担になりそうなので、差し引きどの程度お得になるのか?も気になります!

宿側の「認証制度」は、現在飲食店に適用しているチェックリスト方式を採用するのかもしれません。

宿側も、かなり手間が増えそうです。

根拠となったのは、岸田総理のこんな発言です。

↓ ↓ ↓

GoToトラベルを前回と同じ方法で再開するのは現実的ではないと考えます。

より安心して活用してもらえるよう、ワクチン接種証明などと組み合わせる『GoTo2.0』を実施します。

また前回は、中小の旅館や業者が潤わなかったという指摘もあります。

中小の旅館などには補助率を上げる仕組みが必要です。

引用:YAHOO!JAPANニュース

たしかに、「ワクチン接種証明」と発言していますね。

また、平日に分散する案も話し合われています。

ちなみに、

既に旅行を予約済みの場合だと、「GoTo2.0」の適用かどうか(後づけ可能かどうか)も気になりますよね?!

↓ ↓ ↓

▼GoToトラベル公式HP
https://goto.jata-net.or.jp/

▼国土交通省(観光庁)公式HP
https://www.mlit.go.jp/kankocho/page01_000637.html



まとめ

今回は、GoToトラベル2.0(GoTo2.0)の予約期間、利用条件や注意点について、現時点での情報をお伝えしました。

  • 開始は11月~年内の可能性
  • ワクチン接種証明や陰性証明が必要

と予想されています。

最新情報をチェックしながらスタートスタートダッシュに備えたいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

\旅行サイト♪/
error: