話題

上白石萌音の篤姫は似合わない?!演技下手の口コミも調査!

NHK大河ドラマ「青天を衝け」が話題ですね!

篤姫(天璋院)を演じているのは、上白石萌音(かみしらいし・もね)さんです。

事前の口コミでは、

  • 篤姫が似合わない
  • 華がない
  • 演技が下手

と、辛口コメントが多数でしたが、

実際に放送されると「演技上手い!可愛い!」に評価が逆転

しています!

「篤姫が似合わない」との事前口コミは、一体なんだったのでしょうか?

詳しく深堀していきたいと思います。

上白石萌音の篤姫は似合わない?

大河ドラマ「青天を衝け」のキャストが発表されると、上白石萌音さんの篤姫が「似合わない」というコメントがズラッと・・・???。

「篤姫が似合わない」のコメント内容

内容は、

  • 上白石萌音さんの容姿に関する誹謗中傷じみたもの
  • 宮崎あおいや北川景子の篤姫と比較したもの

が大半でした。


演技はともかく、見た目に華が無さすぎる。
脇役とかで光る女優の気がするんだが


宮崎よし子にしか見えない、田舎娘。パグ。


篤姫=宮崎あおいさんと感じる程、あの時の大河ははまりました。
西郷どんで北川景子さんが篤姫演じた時感動しました。
宮崎あおいさんのイメージを打ち破ったと。

はたして、上白石萌音さんが感動を与えてくれるかは謎


篤姫役は宮崎あおいさんがハマリ役すぎた。

はぴ
はぴ
オンエア前の意見とはいえ、皆さん言いたい放題・・・。

宮崎あおいさんと北川景子さんなど、過去の「篤姫イメージ」が強烈すぎて、萌音さんとのギャップを感じてしまったのかもしれません。

上白石萌音は篤姫に似てる? 実物・宮崎あおい・北川景子と比較!

では、上白石萌音さんは、実物の「篤姫」にどれくらい似ているのでしょうか?

実物・宮崎あおいさん・北川景子さんと比較してみました!

▼篤姫(天璋院)
篤姫様

▼篤姫に似ているのはだれ?

上白石萌音/宮崎あおい/北川景子

 

どうでしょう?

ふっくらした顔つきという意味では、実際の篤姫に一番似ているのは上白石萌音さんです。

実際の篤姫は体格の良い薩摩女性ですし、お顔の輪郭なども近いのでは?

北川景子さんの篤姫も話題になりましたが、「美人すぎて違和感」という声もありましたね。

とはいえ、歴代「篤姫役は美人」なのも事実のようです。

そんなこんなで、
「似合わない」というコメントは「好みのタイプではない」という個人的な意見であって、実際に「似合ってる、似合ってない」の評価ではないようです・・・。

「篤姫が似合っている!」という意見は?

前評判の段階から「似合っている」という意見はコチラ


別に篤姫は絶世の美女役でもないし、鹿児島出身だし合ってると思いますが…。


ちょっと古っぽいというかオバサン感というか、垢抜けない感じが50代60代から高齢者にとっては見ていて安心感があるので大河とかは合うと思うけど。


スタイルも顔もいい篤姫って逆に違和感…。顔のわかってる史実の人物だし、美女で固める必要もないでしょ。


上白石萌音は鹿児島出身ってつながりもあるしモデルみたいな人にやらせるよりいいんじゃないって思うけど。


祖父祖母とかは可愛いと絶賛してる。おそらくこの世代で昭和世代にも親しみやすさを感じるルックス
かつ、清楚で芸能界すれしてなくて愛敬がある子は逆に少ない気がする


宮崎あおいや北川景子よりむしろ天璋院ぽいけどな。
鹿児島の子だし中々いい配役と思うが。


彼女は本当に品がいいから篤姫なんてぴったりだな。育ちの良さやあの雰囲気が役柄に説得力を持たせると思う。

なるほど! 深いですね。

実際の演技を観て、高評価に変わった人も!

↓  ↓  ↓

萌音さんの実際の演技が魅力的のようです!



上白石萌音の演技力は上手い?下手?「華がない」は本当?

篤姫のキャスト発表時点では「華がない」という意見もありました


演技うまいわけでもなく鑑賞者を納得させる華が足りない。


華がない。 地味な感じで主役よりも脇役の方が似合う感じ

はぴ
はぴ
いろいろ言われていますね・・・。

ですが、

上白石萌音さんの演技は、見てるうちにグイグイと引き込んでいく演技力!のようです。


萌音ちゃんの演技見たことがない人が多いみたいですね。見たら引き込まれるから見てみてほしいな。最初の印象よりどんどん可愛く見えてくるんです!


魅力がわかる人が多いから需要があるんですよ
自分の物差しで測ったらダメです もっと大きな視野を持って物事を見てください


この、ちょっと垢抜けないふっくら感、素朴感、癒し感、そして、昭和の女性を感じさせるノスタルジックな微笑みがいいんだよ。


萌音ちゃんめちゃくちゃ可愛いと思う!歌も上手いし表現力がすごいじゃない!
それに癒やしの空気が心地よい…。この子こそ芸能人というか、表現者だなぁ、と思う!


時代劇とかもきっちりやってきてるし舞妓はレディみたいなのもやってるしいいと思うよ。

上白石萌音さんの演技力については「演技が上手い!」という声が圧倒的!

実際に篤姫がオンエアされると「演技が上手い!」「可愛い!」という意見が圧倒的に多いという結果になりました!

上白石萌音の篤姫、すごくいい!

可愛らしくて穏やかなのに底知れない恐ろしさがある

強かさとか頭の良さがぴったり

見事に演じている!

ほんの短いシーンなのに凄い!

はぴ
はぴ
上白石萌音さんの演技力を絶賛ですね!



上白石萌音の芸歴・プロフィール

ここで、上白石萌音さんの来歴を振り返ってみます!

活躍ぶりがめざましいです。

  • ドラマ「恋はつづくよどこまでも(2020年)」「オー!マイ・ボス!恋は別冊で(2021年)」が大ヒット!
  • 歌番組でみせた歌唱力が素晴らしく、日本中を驚かせた!

など、なにかと話題ですね。

上白石萌音さんが一躍有名になったのは、主役に抜擢された映画『舞妓はレディ』です。(2014年公開、周防正行監督)

▼舞妓はレディ(15才)

舞妓はレディ出典:Twitter

 

上白石萌音さんはこの映画で、上京して1人前の舞妓さんを目指して懸命に生きる姿を演じ切り、高い評価をもらいました。

そもそもこの映画は、上白石萌音さんがいたからこそ作られた映画のようで、

周防正行監督は、インタビューに、

気に入った子がいなければやりませんよって言っていたら気に入った子が出ちゃったので(笑)

と答えています。

周防監督が最終オーディションのカメラテストで彼女を見て「いますぐ本番が撮れる!」と思ったそうですよ。(出典:https://www.cinemacafe.net)

また、上白石萌音さんの印象について、こんなコメントも!

監督「最初の印象は思い出せないんですよ。

でも初めて歌ってもらった時に、表情も何もかもいきなり輝いて。

味で目立たない子だったのに、歌った瞬間、体全体から“私はココにいます!”ってかわいい叫び声が聞こえてくるような。

(中略)

結局、最終審査で8人に絞り込んで、半年かかって決まったんですけど。やっぱりめ手になったのは最初のギャップでしたね。
この子が花街にやってきて、最後に舞妓さんとしてデビューする。そのギャップすでに持っていたので、この子で撮りたいと思いました」

 

周防監督は、起用の理由を

磨けば光る原石。すれていないというのが一番です

彼女はショックかもしれないけれど、あか抜けないという魅力があった。

だけど演技をしたり、歌ったり踊ったりしたときに表情が変わる。

書類選考とかちょっと会って話しただけだったら、選んでいないと思う

(出典:https://eiga.com/news/20130509/1/)

としています。

この時の上白石萌音さんは、まだ15歳!

ぱっと見での起用ではなく、本来の才能を見抜かれての抜擢ですから、女優としての天性の素質があるということですね!

ぱっと見、「華がない」や「あか抜けない」印象でも、ひとたび演技をするとガラッと表情がかわる!

それこそが、上白石萌音さんの本物ぶりを感じるエピソードです。

▼舞妓はレディーで日本アカデミー賞新人俳優賞

『舞妓はレディ』は、800人を超えるオーディション参加者から、見事主演をつかみりました!

また、NHK大河ドラマにも出演歴があり、時代劇の経験も十分です。

▼2011年のNHK大河「江〜姫たちの戦国」に出演!

これだけみても、上白石萌音さんの演技力の高さがわかりますね!

また、NHK大河起用の理由については、こんな意見もありましたよ。


真面目で不祥事を起こさなそう。
というのは大事。
撮り直しなんてことになったら、莫大なお金と時間がかかりますから…


探せば身近にいそうな方なので(私の身近にも似ている方います)映像を通して観ている若い世代の方が自分に置き換えやすいのがよく起用される理由の一つ

なるほど!
そういえば、上白石萌音さんの真面目さには定評がありましたね!

プロフィール

上白石萌音さんは鹿児島生まれの、現在23歳です。

・名前:上白石 萌音
・生年月日:1998年1月27日(22歳)
・出身地:鹿児島県鹿児島市
・身長:152cm
・血液型:AB
・職業:女優、歌手、声優
・事務所 :東宝芸能

子供の頃から歌ったり踊ったりすることが好きだったそうで、小学校1年生の頃より鹿児島市内のミュージカルスクールに通い始めました。

中学1年の時(2011年)には、第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』で審査員特別賞を受賞して東宝芸能へ所属。

その後、2015年には映画「舞妓はレディ」で第38回日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞しています。

この時、監督の周防正行さんから「平成のオードリー・ヘップバーン」と絶賛されたのは有名な話ですね。

その後も、歌や舞台もこなせる女優として、順調にキャリアを積み上げ、今やテレビに引っ張りだこの存在。



まとめ

今回は、上白石萌音の篤姫は似合わない?!演技下手の口コミについて調べてみました。

調べれば調べるほど、上白石萌音さんの演技力の高さや女優としての実力が浮き彫りになる結果となりました。

上白石萌音さんは、「実際に演技をみると引き込まれる!」本物の実力があるようですね。

15歳で周防監督に「この子じゃなきゃ」と思わせた時のように、大河ドラマの篤姫役でも、視聴者を釘付けにする演技を見せてくれるかもしれません。

上白石萌音さんの「篤姫」とても楽しみです!

長年の大河ファンとしては、上白石さんの天璋院篤姫に期待しています。

心より応援しています!

\話題!/