ノウハウ

マニキュアの捨て方は簡単!ガラス瓶の容器の中身が使いかけの場合は?

マニキュア

みなさんは、マニキュアの捨て方に悩んだことはありませんか?

使いかけのマニキュアの容器(ガラス瓶)、ドロドロの中身、汚れたキャップやハケなど、もえるゴミなのか、もえないゴミなのかさえ、迷ったりします。

そこで今回は、マニキュアの捨て方についてまとめてみました!

実は、マニキュアの捨て方は簡単!悩まなくていいんです!



マニキュアの捨て方が簡単なワケ

マニキュア

マニキュアの捨て方で悩むのは、

  • 使いかけのマニキュアは、中身の液はどう捨てたらいいの?
  • キャップハケは、ボトルにつけたまま捨てていいの?
  • マニキュアが固まってしまった場合はどうやって捨てたらいいの?
  • 容器(ビン)はきれいに洗ったほうがいいの?
  • そもそも、もえるゴミ?もえないゴミ?

というようなことではないでしょうか?

そんな時、以下のポイントを知っていると、あまり悩まずに簡単に捨てられますよ

マニキュアの容器(ビン)がリサイクルされることは、ほぼありません。なぜなら、マニキュアの容器は汚れが残りやすく、リサイクルにむかないからです。

つまり、リサイクルされないなら、容器を必要以上にキレイにする必要はないということです。

マニキュアを捨て方は簡単で、中身の液をティッシペーパーなどに出してしまい、容器(ビン)とフタを分けて決められたゴミの日に出せばOKです。

どうでしょう!
こう考えるとマニキュアの捨て方はとってもカンタンですね!



使いかけのマニキュアを捨てる方法と注意点

マニキュア

マニュキュアの捨て方は

  1. 中身の液が出せる状態ならティシュペーパーや新聞に出す
  2. 「容器(ビン)」と「フタ+ハケ」を分別する
  3. ゴミに出す

の3ステップです。

注意すべきなのは、使いかけの中身(液体)を排水溝に流してはいけないことです。(詰まりの原因になります)
洗面台に付着すると掃除が大変ですので気をつけましょう。

では、「容器(ガラス瓶)」「ハケ」「中身」の分別は、どうすればよいのでしょうか?

分別方法は、多くの場合、次の3パターンです。

  • 瓶(ビン)=「燃えないゴミ」か「燃えるゴミ」
  • フタ+ハケ=「燃えるゴミ」か「プラスチックゴミ」
  • 固まってフタが開かない場合=「燃えないゴミ」か「燃えるゴミ」

これをみると、

「燃えるゴミ?」「燃えないごみ?」一体どちらなの?

とギモンですよね?

自治体によって対応がまちまちな理由は、
マニキュアのガラス瓶は小さいので
燃やしても焼却炉の負担にならないため「もやすゴミ」として扱う自治体もあるからです。

分別のルールは自治体ごとに異なるので、お住まいの地域のルールに従いましょう。



マニキュアを資源ゴミにする場合

では、マニキュアのビンを資源ゴミにする場合は、どうすればいいのでしょう?

その場合は、ビンとハケの汚れをとる必要があります。

  • ビン→綿棒などで中身を掻き出し、除光液を綿棒につけてビンの内側をふく
  • フタ+ハケ→除光液でふく

という感じです。

きれいになった容器(ガラス瓶)は、資源ゴミにだしましょう。



マニキュアの捨て方まとめ

今回は、マニキュアの捨て方をご紹介しました。

マニキュアの容器は、資源ゴミにはむかない場合が多いです。

ですので、深く悩まず「ゴミとして捨てる」と覚えておくといいですよ。

ご参考になれば幸いですo(^▽^)o



かながわ県民割/GoTo

▼JTB ふるぶトラベル

 

▼楽天トラベル

▼Yahoo!トラベル

▼じゃらん

▼ゆこゆこ