話題

松田ゆう姫の家系図!家族歴が壮絶で父優作と母美由紀は不倫略奪婚!

音楽ユニット「Young Juvenile Youth(ヤング ジュブナイル ユース)」のボーカルで、アーティスト・モデルとしても活躍中の松田ゆう姫(まつだ・ゆうき)さん。

父は名優・松田優作さん(享年40歳)、母は女優の松田美由紀さん、兄は松田龍平さんと松田翔太さんという芸能一家に生まれました。

わずか2歳で、父・松田優作さんと死別したゆう姫さんですが、

調べてみると、父と母のなれそめや家族歴(ファミリーヒストリー)が壮絶すぎました!

不倫略奪愛の末に結婚し、父・優作は40歳の若さで癌死しています。

腹違いの姉も存在するようです。

この記事では、

松田ゆう姫さんの家族歴、ファミリーヒストリーについてまとめました。



松田ゆう姫の家系図

松田ゆう姫さんは、

松田優作さんと、松田美由紀(旧姓:熊谷美由紀)さんの長女として生まれました。

▼松田ゆう姫

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuki Matsuda(@yjymusic)がシェアした投稿

プロフィール

◉名前:松田ゆう姫(まつだ・ゆうき)

◉本名:松田夕姫(まつだ・ゆうき)

◉生年月日:1987年11月30日

◉年齢:33歳

◉身長:165センチ前後

◉出身地:東京都

◉職業:歌手、アーティスト、タレント
(Young Juvenile Youthのボーカル)

◉事務所 ジャストプロ

 

▼兄(長男)は、俳優の松田龍平(まつだ・りゅうへい)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryuhei Matsuda(@ryuheimatsuda)がシェアした投稿

▼兄(次男)は、俳優の松田翔太(まつだ・しょうた)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shota Matsuda(@shota_matsuda)がシェアした投稿

母の松田美由紀さんは、今も現役の女優さんで、

松田一家が所属する芸能プロダクション「オフィス作」の経営もされています。

このように、

家族全員が有名人の松田家ですが、現在に至るまでは壮絶な家族ヒストリーがありました。



松田ゆう姫の家族歴(ファミリーヒストリー)

松田ゆう姫の父は松田優作!40歳で膀胱癌で他界

松田ゆう姫さんは、2歳の時に、父・松田優作さんと死別しています。
(1989年11月6日死去)

松田優作さんといえば、誰もが知る昭和の大スターでした。

死因は膀胱癌で、まだ40歳という若さで急死。

1989年、ハリウッド映画『ブラック・レイン』に出演し、映画の日本公開からわずか1ヶ月後に亡くなりました。

ハリウッドでの撮影は、膀胱癌の進行で血尿が続き、腹水でお腹がパンパンの状態で続けていたそうです。

亡くなる少し前までハリウッドにいたわけですから、2歳の娘・ゆう姫さんと過ごす時間もあまりなかったのではないでしょうか?

松田優作さんといえば、ドラマ「太陽に吠えろ」のジーパン刑事での殉死シーン「なんじゃこりゃあ!」が有名です。

運動神経が抜群でアクションシーンをこなす一方、暴力事件で逮捕歴があるなど、プライベートもクセ強めの俳優さんでした。

演技のために10kg減量して奥歯を4本抜き、さらに山籠もりまでしたという情報もありました。

鬼気迫る演技や激しい性格は、その生い立ちも関係しているのもしれません。

松田優作さんは、山口県にて、韓国人の母の私生児として生まれています。

暮らしは貧しく、住まいの2階を娼婦宿として貸し出したり、異父兄・異母兄弟もいる複雑な環境で育ちました。

そのような境遇にありながら、自分の力だけで大スターに這い上がった松田優作さん。

だれも真似できないほどの圧倒的な個性と名演技で、昭和史に名をのこした偉大な俳優さんでした。

そんな父・松田優作さんと、母・松田美由紀さんのなれ染めも波乱万丈でした!



松田ゆう姫の母は松田美由紀!馴れ初めは不倫・略奪婚!

松田ゆう姫さんの両親(父・優作と母・美由紀)の馴れ初めは、不倫・略奪婚でした。

父・松田優作さんには、当時、妻と娘(当時3歳)がいましたが、映画『探偵物語』の共演で出会った熊谷美由紀さん(現:松田美由紀)と恋に落ちてしまいます。

当時の松田優作さんは30歳、美由紀さんは18歳の未成年でした。

「今まで見たことが無いエキセントリックな女だ」と衝撃を受け、「この女から離れられない」と感じた

ということなので、抗えないほどの運命的な出会いだったのでしょうね。

不倫状態が2年続いた後、父・優作さんは、前妻と離婚しています(1981年)

離婚に至るエピソードが壮絶で、
妊娠中の美由紀さんが包丁を持って前妻の家に乗り込み狂言自殺で離婚を迫ったそうです。

その時、お腹の中にいたの子供が、兄の松田龍平さんです。



父・優作亡き後、母・松田美由紀はシングルマザーで、3人の子供を育てた!

父と前妻が離婚した後、兄の松田龍平さんが生まれています。

龍平さんは1983年5月9日生まれですが、入籍は出産後だったということです。

この時、母の美由紀さんは22歳でした。

18歳で不倫状態となり22歳で入籍しないまま出産しているわけですから、相当な覚悟ですね。

2年後の1985年に次男の翔太さんが生まれ、

その2年後の1987年には、長女のゆう姫(夕姫)さんが生まれています。

ピッタリ2歳違いですね。

三人の幼児の子育てで、目も回る忙しさだったはずです。

そんな、一番大変な子育て時期に、松田優作さんが癌で他界してしまいます。

ゆう姫さんが2歳の誕生日を迎えた11月でした。

お葬式で、松田美由紀さんは「私を置いていかないで!」と泣いていたそうです。

優作さん亡き後、美由紀さんは、シングルマザーとして働きながら子育てをすることになります。

翔太さんが学校で荒れていた時は、学校に乗り込んで抗議した猛烈ママだったようですね。

「私が頑張ったことがあるとしたら子育て」といえるくらい子供のために一生懸命だったみたいです。

壮絶な日々を乗り越えて、今の松田家があるのかもしれません。



松田ゆう姫には腹違いの姉がいた!

父・松井優作と前妻の間には、1976年に生まれた女の子がいました。

ゆう姫さんにとっては、腹違いの姉になりますね。

計算すると、11歳違いになります。

母親(父の前妻)は、作家の松田美智子さんです。

松田優作さんに関する本も出版されています。

 

本には、松田優作さんの出生についても詳しく書かれています。

父親の人生を前妻の筆で知るというのも、壮絶ですね。



まとめ

今回は、松田ゆう姫さんの両親と家族歴についてまとめました。

家族全員が芸能人と聞くと、華やかな部分だけを想像しがちですが、松田家のファミリーヒストリーが壮絶すぎますね。

松田ゆう姫さんの「天才性」を感じさせる奇抜な個性は父・松田優作さんから、肝がすわっているところは母・松田美由紀さんの血筋なのかもしれません。

今後の活躍が楽しみです!



\話題!/