話題

キンコン西野が嫌われる理由!炎上や好感度低いのは計算ずく?

キンコン西野

絵本作家・起業家としてマルチに活躍されている、キングコング・西野亮廣さん。
(通称:キンコン西野)

オンラインサロンは7万人(会費だけで年間8億)を超え、西野さんが製作総指揮する映画「えんとつ町のプペル」は観客動員100万人超えの大ヒットです。
(2020年12月25公開)

イケメンで、トークも面白く、仕事もデキる。

今や起業を目指す若者の憧れのようなキンコン西野さんですが、どういうわけか「キンコン西野が嫌い」というアンチが多いのも事実です。

社会支援活動にも積極的に取り組み、7万人ものサロンメンバーに圧倒的に支持されているのに「なぜ嫌われる?」と不思議ですよね。

今回は、

  • キンコン西野が嫌われる理由
  • キンコン西野の「炎上」の真相
  • キンコン西野の「嫌われキャラ」は計算ずく?

についてまとめてみました。



キンコン西野が嫌われている理由はなに?

西野

「キンコン西野が嫌い」と言われる理由

キンコン西野さんが嫌いという人の意見をみると

  • 上から目線
  • 生意気
  • 炎上商法
  • オンラインサロンが宗教っぽい

というキーワードが目につきます。

どうしてこのように言われているのかをみていきましょう。

キンコン西野の過去の炎上・暴言とは?

引用:西野亮廣ブログ

 

「ひな段をやめた!」「芸人引退宣言!」

キンコン西野さんが「テレビのひな壇にでない」発言で炎上したのは有名ですね。

ひな壇をやめた理由は、

  • ひな壇がニガテ
  • ひな壇の時代はいずれ終わると思った

の二つだったようですが、

これが芸人仲間の反感を買ってしまい猛烈なバッシングにあったようです。
(情報元:https://note.com/entamelab/n/n0cbf945f0b8e

ひな壇出演で食べていた芸人からすると、バカにされているように思えたのかもしれませんね。

この後も、

芸人のクセに絵本を描きやがって」と、ことあるごとにバッシングされるため、

2016年6月にはついにブログで「芸人引退宣言」をしています。
(テレ朝の番組『EXD44』が発端となった)

キンコン西野:

『芸人』とか言い張っていたからダメだったのでしょう。
『絵本作家』と言って、漫才をしたり、テレビに出たりするのはいいのでしょう?
もう『肩書き』なんぞ、どうでもいいです。

皆が納得し、これからも今の活動が続けていけるなら、それが一番!

私、キングコング西野は『お笑い芸人』を引退し、『絵本作家』に転職いたします。
(中略)
お笑い芸人は本日をもって引退します。

デビューから16年、本当にありがとうございました。

(出典:https://lineblog.me/nishino/archives/4533459.html?t=1

「芸人引退宣言」本当にされていたのですね!

もちろん、この時も「炎上」したようです。

芸人引退宣言したといっても、その後も芸人としてステージには立ってますし、時々はテレビにも出られています。

これは、「テレビから軸足を抜いた」という意味で「テレビには一切でない」とか「芸人とは名乗らない」ということではなかったようです。

絵本「えんとつ町のプペル」の全ページ無料公開

2017年には、絵本をネット上で無料公開したことで、本人いわく

「当時、常じゃないぐらい炎上

したそうです。

自身のブログでこのように語っています。

キンコン西野:

「そんなことをしたらクリエイターが食えなくなるじゃないか!」

と叫んでいた人もいましたし、「ダンピング(不当廉売)だ!」と怒り続けた人もいた。

「無料公開は“売上放棄”ではなくて、『マネタイズは後にする』ということです。

『なにがなんでも入り口で絶対にお金をとる!』という発想が、もう、今の時代には合ってないですよ」

と、どれだけ説明しても、まったく届きませんでした。ずいぶん嫌われ、批判されました。
(引用:https://note.com/entamelab/n/n2c8dd1379dbf

西野さんとしては、「絵本そのものの収益は0円でもグッズ販売やその他で収益化できるビジネスモデル」を考えてのことだったようですが、当時はまだそのような考えは最先端すぎたようですね。

世間に受入られず「生意気」というレッテルを貼られて炎上したようです。

美術館建設費3億円の寄附金くれ騒動

2018年6月には「美術館建設」を理由に寄付をつのり「詐欺ではないか?」と炎上しています。

6月4日に行われた「SHOWROOM」の新番組発表会で、
「借金返済が番組の企画になっているがガチ自腹だからな。3億円の『ゴチになります』だ」と強調。

「たった100円で救える命がある。300万人が100円ずつ募金すればいいのだ。

とりあえず、このブログは絶対にシェアしろや」「死ぬぞマジで! なんとかしろや!!」上から目線で哀願した。

引用:日刊スポーツ

寄付そのものよりも、煽るような上から目線の言動で炎上したようですね。

西野さんはブログで、詐欺の意図はなく「誤解を招いてしまった」として謝罪しています。

それにしても、いま振り返っても不思議ですね。

賢いはずの西野さんが、なんでまた、こんな妙な物言いをしてしまったのでしょうか?

ちなみに、

美術館をつくる計画は現在も進行中で、兵庫県川西市に土地も購入済みのようですよ。
(満願寺から車で10分の場所)

オンラインサロンが7万人超えで宗教みたい?!

今や会員数が7万人を超え(月額千円、会費だけで年間8億円超え)という日本最大のオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所

この存在が「宗教っぽい」といわれているようです。

会員になると、毎日2000〜3000文字ほどの西野さんのコラムが読めて、サロンメンバー用のイベントにも参加可能です。

宗教っぽいと言われているのは、サロン内の結束力の強さ。

善良で向上心が高いサロンメンバーが多く、数々の社会支援活動も立ち上がっているため、外部からみると「宗教っぽく」見えるようですね。

実際には、サロンメンバーの満足度も高いようで、内部のイザコザも聞こえてきません。

7万人も参加していて幸せなムードに満たされているオンラインサロンって、むしろ「スゴい!」と称賛されそうですが、ファンが増えればアンチも増える法則のようです。

ここ2年ほどは炎上事件はありませんが、

キンコン西野さん曰く、
「炎上が起きなくなったのは、情報はサロン内だけでシェアするようになったから」
なんだそうです。

キンコン西野:

とにかく、自分が分からないものに、人やお金が集まっていたら、「詐欺に違いない」「宗教に違いない」と思っちゃう。

僕が7〜8年前にクラウドファンディングをした時も、よく「詐欺」だの「宗教」だの言われました。

引用:https://ameblo.jp/nishino-akihiro/entry-12637311586.html



映画チケットをサロンメンバーに買わせた、拍手をさせた、ツイートさせた?

映画「えんとつ町のプペル」は100万人超えの大ヒットとなっていますが、販売のための手法がアンチに火をつけているようです。

  • サロンメンバーが前売り券を沢山買っている
  • 映画終了後に拍手をさせている
  • 絶賛するツイートをさせている

などです。

いずれも「推しを武道館に行かせたい」みたいなファンの行動に見えますが、西野さん自身が嫌われているせいか批判の的になっています。

以上、これまでの炎上を振り返ってみました。

とはいえ、本当のところ、西野亮廣さんってどうなのでしょうか?



キンコン西野の「嫌われキャラ」は計算ずく?本当はいい人!?

このように、炎上したり「嫌われキャラ」のようになっているキンコン西野さんですが、実際には「人たらし」と言われるほど「優しくて良い人」のようです。

キンコン西野はみんなに好かれている?

実は嫌われていないし、昔からいい人。「嫌われキャラ」を作っているのではないか?

という見方もあるようです。(情報元:R25動画

キンコン西野さんをよく知る人が口を揃えて「いい人」言っているので、真実なのでしょうね。

西野さんを知れば知るほど「嫌なやつ」には思えません。

ではなぜ、「嫌われキャラ」になっているのでしょう?

わざと嫌われて、負けを作っている?

西野さんは、オリエオリエンタルラジオ・中田敦彦さんとの対談の中で、このように語っています。

キンコン西野:

オンラインサロンって入会者と退会者が毎日毎日出て。
見てたら分かるのが勝ち続けている時って人数が伸びないんだよね。

勝とうが負けようが挑戦している時に人数が増える

基本的には負けを絶対入れておかなきゃいけない。

基本的にみんな勝ちたがるんだけど勝ち続けると物語がなくなっちゃうから、応援しがいがなくなっちゃって。
(中略)
60点から80点を行くのではなくて、この間に0点を1回挟むっていう。
結局お客さんの満足度だとか幸福度っていうのはクオリティではなく伸び率だから。

これを見る限り、「炎上」も「嫌われ」も、

「逆境に立ち向かうストーリーのほうが応援されるしファンも増える」という計算づくの戦略なのかもしれませんね。

嫌われてるのが辛すぎて、言葉がきつくなった時期も?

「僕は日本中から叩かれていた。」という西野さんですが、

どうしてそんなに嫌われていたのかについて、ラジオでこのようなことを語っています。

ずっと批判され続けると、さすがに言葉がきつく言い返すこともあった。

あの頃は辛すぎて、そうでもしないと身が持たなかった。

情報元:「TOKYO SPEAKEASY」(TOKYO FM)2021年1月5日 水道橋博士 / キングコング西野

あまりに嫌われすぎるので、それに対抗しようと強く言い返し、それがまた炎上する。

負のスパイラルだったようです。

いくら西野さんが忍耐強い戦略家だとしても、見ず知らずの日本中の人から嫌われている現実は相当にしんどかったですよね。

当時の心情がわかる本はコチラ

↓  ↓  ↓

 

 



キンコン西野は、本当は優しくていい人で賢い?!

キンコン西野さんが嫌われるのは「賢く戦略家」な要素が強いからに見えますが、

お父様が大の三国志好きで、小さいころから戦術を考えるのが大好きだったとか。

そのためか、ボードゲームが得意で、オセロは無敵の強さみたいですね。

大学には行っていませんが、高校は偏差値63と高めです。

地頭が良い上、ものすごい努力家(独学で絵を学び、コラム執筆も継続)で、次々に成果をだしてきました。

夜遅くまで呑んでいても、早朝から爽やかにジョギングし、「イケメン」「優しい」「面白い」となると、非のうちどころがありません。

挙げ句の果てに、ボランティア活動にも熱心で、贅沢には興味がない(コンビニ蕎麦で生きている)となれば、いったいどこでマイナス点をつければ良いのか困ってしまいますね。

で、「なぜ嫌われるのか?」ですが、

  • 正しすぎて眩しいから妬まれる
  • かっこいいから妬まれる
  • はっきり言うから嫌われる
  • 上から目線の言動で嫌われる

ということにプラスして、「計算ずくの炎上」なのかもしれません。

でも・・・

キンコン西野さんは、

自分を嫌う人が嫌うのを諦めるほどの「圧倒的な成果」をだして、だれもが納得する高みへ登ろうとしている

ようにみえます。

だとしたら、その精神力、本当にすごいですね!

▶︎西野亮廣さんがラオスに小学校を寄付!!

キンコン西野が寄付したラオスの小学校はどこ?金額や経緯も!キンコン西野(西野亮廣)さんが、ラオスの山奥の村に「小学校を寄附」したそうです!小学校の名前は「プペル小学校(school-of-POUPELLE) この記事では、 ・プペル小学校の場所はどこ? ・プペル小学校建設の寄付額はいくら? ・キンコン西野さんがプペル小学校を作った経緯は? についてまとめました!...



キンコン西野のプロフィール

プロフィール

・名前:西野亮廣(にしの あきひろ)
・出身地:兵庫県川西市
・生年月日:1980年7月3日
・身長:173cm
・デビュー年:1999年(お笑いコンビ・キングコング)
・最終学歴:兵庫県立川西緑台高等学校卒業
・所属:
株式会社NISHINO (西野亮廣エンタメ研究所)
吉本興業 (エージェント契約)

西野亮廣さんは、1980年の兵庫県生まれ。

高校卒業後に吉本NSCに入り、芸人デビューしています。

21歳の時、梶原雄太さんとお笑いコンビ・キングコングを結成して「はねるのとびら」でブレイク。

ところが、人気絶頂期の25歳で「テレビの世界に限界を感じた」と突然テレビにでなくなり、同時に絵本作家としての活動を開始しています。

絵本を書きはじめたのは、「テレビにでない宣言」の後で、あてもなく飲み歩いているときにタモリさんから言われた言葉なんだそうです。

キンコン西野:

「話があるから」と飲みに連れて行っていただき、銀座の地下のバーで飲んでいると、突然、タモリさんが「お前、絵を描け」って言ったんです。

僕自身、別に絵を描くことに興味があったわけではないですし、絵を描くことが得意だったわけではなかったのですが、呼び出してまで言うということは、よっぽどのことだろうと。

それに、やっぱり自分自身のことは他人の方がよく見えているので、「はいわかりました」と言って、そのバーの帰り道から絵本作家になりました。

出典:https://note.com/entamelab/n/n16ef4e05f9c4

絵は独学で学ばれたそうです。

独学であんな絵が描けるってすごいですね。

2009年には、約5年がかり書いた絵本『Dr.インクの星空キネマ』が発売されています。

その後も次々に作品を描きつづけ、2020年までに書いた絵本はトータル7冊となっています。

絵本作家のキャリアは15年におよびます。

西野さんを「芸人」というくくりで見てしまいがちですが、もう立派な「絵本作家」ですね。

2016年10月に出版された絵本「えんとつ町のプペル」は累計発行部数は57万部を超える大ヒットとなり、映画化に至りました。
(2020年12月25日公開)

▶︎キンコン西野は絵が上手い!独学で指が変形するほど描いてた?

キンコン西野は絵がうまい
キンコン西野は絵が上手い!独学で指が変形するほど描いたは本当?!キンコン西野(キングコング・西野亮廣)さんの絵について、 絵は本当に上手いの? ゴーストライターなんでしょ? と疑...



まとめ

今回は、

キンコン西野が嫌われる理由!炎上や暴言・好感度低いのは計算ずく?

についてまとめました。

イケメンで頭が良く、時代の先を読む天性のビジネスセンスを持ち、自由に夢を追いかけながらも大勢の仲間に愛されている西野亮廣さん。

「嫌われている」という立ち位置を上手に利用して、「波乱万丈なストーリー」を演出しているようにも見えます。

「計算づく」というと、ずる賢いように見えますが、実際の西野さんの言動行動をみていると純粋に全力で「エンタメをおもしろくしたい」と夢を追いかけているようです。

おそらく、「純粋な部分」と「仕掛けている部分」の両方があり、
前者では嫉妬や妬みによるアンチを生み、後者では「炎上商法」と誤解される原因なのかもしれませんね。

どちらにししても、話題性には事欠かないし、7万人を超えるオンラインサロンは日々人数が増え続けています。

これだけの人数に支持されているというのは、才能はもちろんのこと人望があるということではないでしょうか?

2020年12月25日公開の映画「えんとつ町のプペル」は、煙に覆われた町で一度も星をみたことがない少年が「星空」を信じて冒険にでるストーリー。

「星なんてあるわけない」とバカにされても諦めない少年の姿と、嫌われ者「キンコン西野」自身のストーリーが重なっています。

映画も楽しみですが、これから西野亮廣さんがどんな人生ストーリーを展開していくのかとても楽しみです!

 



\話題!/