芸能人・有名人

高橋克典の若い頃がイケメンで細マッチョ!サラリーマン金太郎で大人気に!

俳優の高橋克典(たかはし・かつのり)さんは、大人の色気を持つ、渋いイケメン俳優として大人気ですよね。

若い頃から“細マッチョなイケメン”で、俳優と歌手の両方で活躍されていたんですよ!

35歳で主演したドラマ「サラリーマン金太郎」で大ブレークし、幅広い世代から支持される人気者になりました。

この記事では、高橋克典さんの若い頃について、たっぷりとお伝えします!

▶︎高橋克典の嫁・中西ハンナさん(ドイツ人ハーフ)と息子さんについてはコチラ!

高橋克典の若い頃がイケメン細マッチョ!

引用:Twitter

高橋克典さんは、現在でも引き締まっていますが、若い頃はさらに細マッチョでした。

29歳でロック歌手デビュー

高校時代から芸能活動を始めるものの、本格的なデビューは出来ず、売れない日々を送っていた高橋克典さん。

25歳ごろに送ったデモテープがきっかけで、1993年(29歳)の時に「抱きしめたい」という曲で歌手デビューをしています。

この曲は、バラエティー番組「いつ見ても波瀾万丈(はらんばんじょう)」の主題歌に採用され、注目を集めました。

オリコンランキングは89位だったものの「イケメンで歌がうまい」とファンを増やしていきました。

▼爽やか過ぎるイケメンで、人気が出るのも納得!

引用:Twitter

 

細マッチョなロック歌手時代

ロック歌手なこともあって、当時から細身な衣装を見事に着こなしていた高橋克典さん。

服を着ている時には細く見えるのに、脱ぐと筋肉がついている体が、細マッチョと言われるわけですね!

はぴ
はぴ
細マッチョにカッコいい声が最高!

▼CDジャケットでは、カッコいい表情とスタイルの良さが際立っています!

引用:Twitter

 

▼タンクトップから出ている二の腕!引き締まってます!

引用:YouTube

▼ギターを弾きながら歌う姿がイケメンです!
(1996年、32歳)

▼仲間由紀恵さんとのデュエットでは、色気がスゴイと話題に!
(2001年、37歳)

引用:Twitter

 

こんなにイケメンで歌も上手かったら人気が出ますよね!

その後、2003年(39歳)で、俳優業の忙しさから歌手活動は休止しましたが、

2016年には、カバーアルバム『SINGS〜Cover Theme Songs〜』を発売しています。

現在のメインは俳優業ですが、歌手としての存在感も健在ですね。



ロック歌手から俳優へ!

歌手デビューが先だった高橋克典さんですが、その後、ドラマや映画で経験を積み、俳優にもチャレンジ。

1995年(31歳)でドラマ「リング」で初主演を飾っています。

▼ドラマ「リング~事故か!変死か!4つの命を奪う少女の怨念」では、ホラーの演技が話題になりました。

引用:Twitter

▼ドラマ「ひと夏のラブレター」では、凛々しい表情が良いですね!
(1995年、31歳)

引用:GYAO!

▼ドラマ「ランデヴー」では、少し不良っぽい役も似合います!
(1998年、34歳)

左:高橋克典さん、右:柏原崇さん 引用:Twitter

イケメン俳優として、途切れることなくドラマに出演し、着実に演技力を磨いていきました。

そして、2003年から主演を務めた「特命係長 只野仁(ただのひとし)」では細マッチョが話題になりました。

▼深夜枠ならではの高橋克典さんのお色気シーンも話題に!
(※2003年〜2012年でシリーズ化)

引用:Twitter

中学・高校時代は、ラグビー部で筋肉鍛えてた?!

高橋克典さんは、名門私立の青山学院の出身で、中等部・高等部ともにラグビー部だったそうです。

中等部に上がったとき、エネルギーがあり余って、なんだか暴れたくなってきまして(笑)。

そのエネルギーを燃焼させようと、ラグビー部に入りました。

引用:WORLD RUGBY2019

ラグビー部では、足の速さを生かしたポジションにつき、毎日筋肉痛になるほど練習に打ち込んでいたそうです。

ラグビーで体を鍛えていたことで、細マッチョが生まれたかもしれませんね!

▼青学高等部の時からイケメンな高橋克典さん

引用:Twitter



音楽一家で育った

ラグビーというと、汗と泥にまみれた男臭いイメージですが、ラグビーだけでなくバンド活動もやっていたみたいです。

高橋克典さんは、音楽一家に育っており、4歳からピアノ、13歳からバンド活動をしていました。
(父・音楽教師、母・声楽家)

当時の「青学」高等部には、1学年下に尾崎豊(おざき・ゆたか)さんがいて、発売前の「15の夜」を生歌で聞いたというエピソードも!

はぴ
はぴ
当時の青学では克典派と豊派のファンクラブがあったとか

高橋克典さんが歌手デビューしたのは29歳で遅咲きですが、高橋さん自身は「その年まで縁がなかっただけ」とインタビューで答えています。

デビュー後は、音楽の才能とルックスの良さで瞬く間に人気者になりましたね!

高校時代にドラマ出演歴が!

実は、高橋克典さんは、高校1年生でドラマに初出演しています。
(ちょい役)

▼「ピーマン白書」(1980年)に生徒役で出演

引用:Twitter

青学高等部の頃からイケメンと有名だった高橋克典さんですが、

親戚に梅宮辰夫(うめみや・たつお)さんがいたこともあり、撮影現場に連れて行ってもらうなど、小さい頃から芸能界に憧れていたそう。

高橋克典さんの母方の祖母梅宮辰夫さんの母が姉妹です。

ですが、梅宮さんに芸能界入りを相談しても相手にされなかったようです。

『ダメだ、ダメだ、チャウチャウ(犬)みたいなそんな顔してるのは、芸能界に入れっこない』って一笑されました。

引用:スポニチアネックス

▼チャウチャウ犬はコチラ

引用:Twitter

つぶらな瞳がチャウチャウ犬のように見えたのでしょうか。

よほど芸能界の仕事がしたかったのか、高橋克典さんは、青山学院大学に進学するも、芸能界を夢見て中退してしまいます。

その後、バイトをしながら自力で芸能界の道を切り開いていくわけですが、梅宮達夫さんのコネを利用することなく、成功したのが凄いです!

高橋克典さんがCMキャラクターを務めた「フェイタス」では梅宮さんと共演しています。(2008年、44歳)

44歳でも立派な肉体美を惜しげもなく披露されていました。

引用:YouTube

 

下積み時代が長かったせいか、俳優としても絶対成功してやる!という強い思いがあったんでしょうね。

ちなみに、下積み時代には、大女優の吉田日出子(よしだ・ひでこ)さんが彼女で生活をバックアップしてくれていた、なんて報道もありました。

若い時からムキムキなスタイルを維持していて、ストイックな高橋克典さん。

下積み時代に培ったハングリー精神を忘れずに、これからも活躍して欲しいですね!



サラリーマン金太郎で大人気に!

引用:Twitter

高橋克典さんの出世作と言えば「サラリーマン金太郎」です。

35歳の時「サラリーマン金太郎」でブレーク!

高橋克典さんは、ドラマ「サラリーマン金太郎」主人公・矢島金太郎(やじま・きんたろう)を演じて大ブレーク!

高橋克典さん、35歳の時です。

「サラリーマン金太郎」とは?

『サラリーマン金太郎』は本宮ひろ志さんの漫画が原作。

暴走族の伝説のヘッド矢島金太郎が、中途入社した大手のヤマト建設でサラリーマンになって出世を果たす、サクセスストーリーです。

高橋克典さん演じる主人公は曲がった事が大嫌いな正義の味方で、自分の美学を貫き、社会の悪を退治していく姿にハマる人が続出しました。

▼サラリーマン金太郎の頃

引用:クランクイン!

「サラリーマン金太郎」は最高視聴率は20.4%を記録!

  • サラリーマン金太郎(第1期)1999年1月~
  • サラリーマン金太郎(スペシャル)1999年10月3日
  • 映画「サラリーマン金太郎」1999年11月13日公開
  • サラリーマン金太郎(第2期)2000年4月~
  • サラリーマン金太郎(第3期)2002年1月~
  • サラリーマン金太郎(第4期)2004年1月~

「サラリーマン金太郎4」まで続く大人気シリーズになりました。

▼「サラリーマン金太郎3」では第32回ザテレビジョンアカデミー賞を受賞しています。

引用:Paravi

主題歌「熱くなれ!」も歌っていました!

放送終了後も、「サラリーマン金太郎」の人気は根強いです!


高橋克典さんの元からもっている男らしいイメージに金太郎は当たり役でした。

元暴走族という設定なので、破天荒な愛されキャラというのもピッタリ。

この役を通して、高橋克典さんの知名度は一気に広がり、幅広い世代に愛される俳優になったんですね!

歌でも演技でも「サラリーマン金太郎」になりきった高橋克典さん。

今でも多くの人に愛される名作な事に間違いありませんね!




趣味はバイク!サラリーマン金太郎にも登場!

高橋克典さんは趣味は「ツーリング」というバイク好きです。

映画「サラリーマン金太郎」(1999年)では、高橋克典さんがカスタムしたバイク「カワサキZ2」が使用されています。

引用:Twitter

映画の中でも金太郎がバイクに乗っている姿がカッコいいと話題になりました。

撮影後に、あまりに気に入ったので譲ってもらい、大切に乗り続けているそうです。

▼バイク雑誌でも特集が組まれています。

矢島金太郎は元暴走族でバイクに乗っている設定だったので、高橋克典さんのバイク好きが役と重なります!

普段からマッチョに鍛えているので、バイクが似合いますね!



まとめ

今回は、高橋克典さんの若い頃についてお伝えしました。

歌手や俳優として活躍されていて、イケメン細マッチョで本当にカッコ良かったですね!

「サラリーマン金太郎」での主演は、出世作になりました。

高橋克典さんの今後の活躍が楽しみです!

最後までお読み頂きありがとうございました。

関連記事:高橋克典の嫁・中西ハンナさん(ドイツ人ハーフ)と息子さんについてはコチラ!

\話題!/
error: Content is protected !!