芸能人・有名人

高島礼子の若い頃は元ヤン?カーレーサー時代は230㌔で爆走も!?

高島礼子 画像

極道の妻や女上司役など、アネゴ肌なイメージの高島礼子(たかしま・れいこ)さんですが、

実は元ヤンで、地元横浜のレディースに所属していたそうです!

16歳で原付免許をとると、

その後はアマチュアレーサーとして時速230キロで爆走していたんだとか!

今回は、高島礼子さんの若い頃、元ヤン時代やカーレーサーだった事についてまとめました!

高島礼子の若い頃は地元横浜で有名な元ヤン!

高島礼子 画像レースクイーン時代の高島礼子、引用:Twitter

アネゴ肌で、一本筋が通ったイメージの高島礼子さん!

メンチきったような演技に、ゾクゾクした方もいるのではないでしょうか?

それもそのはず!

高島礼子さんはかつて地元横浜のレディースで、バリバリの元ヤンだったそうです!

一体なぜそんな事に?!

それでは、若かりし頃の高島礼子さんを見ていきましょう!

プロフィール

名前:高島礼子(たかしま・れいこ)
本名:峯島礼子(みねしま・れいこ)
生年月日:1964年7月25日
年齢:57歳
出身:神奈川県横浜市戸塚区舞岡町
学歴:横浜市立芹が丘中学校→神奈川県立野庭高校(現在:横浜南陵高校)
身長:168cm
血液型:B型
趣味:テニス・ゴルフ
特技:モータースポーツ国内A級ライセンス
職業:女優
所属事務所:太田プロダクション
結婚歴:有り(元夫は高知東生)

高校時代にレディース所属の理由は?

高島礼子 画像高校時代の高島礼子、引用:Twitter

高島礼子さんは高校時代、

地元(神奈川県横浜市戸塚区舞岡町)で、女版の暴走族『レディース』に所属していました!

上の画像は、高校時代の貴重なご本人ですが、そんな風には見えませんよね?

はぴ
はぴ
どちらかというとお行儀が良く、礼儀正しい印象です!

それもそのはず!

高島礼子さんは、

  • 大学で英語講師をしていた厳格な父
  • 優秀な2歳年上の姉

という家庭環境で育ちました。

しかし、このような環境に息詰まったのか、父への反発心から不良グループ入りをしています。

父親は本当に厳しかったそうで、

父親
父親
テレビは時代劇と朝ドラと大河ドラマだけだ

と言うほど。

中学校までは『いじめられていた噂』がある程おとなしかった高島礼子さん。

高校時代では任侠映画にドハマリしていたというエピソードからも、父親への反発心が凄かったことが伺えます!

はぴ
はぴ
任侠映画は父親の教えとは真逆でしょうからね・・・

ちなみに母親は病気がちで、入退院を繰り返していたそうです。

はぴ
はぴ
もしかすると、寂しさもあったのかもしれませんね?

高島礼子の元ヤン時代はこんな感じ?

残念ながら高島礼子さんの『元ヤン』画像は見つかりませんでしたが、

80年代のヤンキー文化を特集した『ヤンキーメイト』によると

▼こんな風に単車を乗り回したり

高島礼子 画像引用:ヤンキーメイト

▼特攻服で睨みをきかせたり

高島礼子 画像引用:ヤンキーメイト

高島礼子さんのレディース時代は、ヤンキーブーム真っ盛りだったようです!

ご自身も、

  • 16歳で原付免許を取得
  • 18歳で普通自動車免許を取得

など、自分で運転してどこへでも行ける事に魅力を感じていたそうなので、かなり乗り回していたのかもしれませんね。

しかも!

レディースには特攻服が欠かせないそうです!

↓ ↓ ↓

レディースも男性同様、集会には特攻服で参加するのが鉄則。

引用:ヤンキー不良.com

恐らく、高島礼子さんも着ていたのではないでしょうか?!

▼こちらは80年代前半の<ヤングオート別冊にて>

夏のレディースのお姿

↓ ↓ ↓

はぴ
はぴ
かなりイカツイですよね・・・

ここまでバリバリのヤンキーだったのかは定かではありませんが、

地元の人のツイートによると

↓ ↓ ↓

チョ~ヤンキーで有名だったとのことなので、かなり迫力があったのかもしれません!



高島礼子の若い頃の仕事はカーレーサーで時速230キロで爆走してた!

高島礼子 画像カーレーサー時代の高島礼子、引用:エンタメトレンディ

元ヤン時代から乗り物好きだった高島礼子さんは、高校を卒業すると、自動車関連会社に就職しています!

配属先は『総務部総務課』という事で、直接車と関わる機会がなかったものの、

同時にアマチュアレーサーとしての活動も始めています!

はぴ
はぴ
よほど車が好きなんですね~

21歳で国内A級ライセンスを取得

高島礼子 画像国内A級ライセンス免許証、引用:JAFモータースポーツ公式

高島礼子さんは21歳の時に、

JAF公認競技のレースに参加・出場できる

  • JAFのコンペティションモータースポーツライセンス国内A級

を取得したそうです!

ちなみに取得する為には

(2021年現在)

  • 講習を受講
  • 講習内のテストに合格する(筆記・実技)

が必須となり、どちらにも合格する必要があります!

▼こちらは受講の様子です

高島礼子 画像引用:AUTO MESSE WEB

画面右側(前から2番目)に女性が1名だけいらっしゃいます!

男性の人数に比べるとやはり少ない印象なので、

当時、高島礼子さんは注目の的だったかもしれませんね!

「富士スピードウェイ」時速230キロで爆走!

高島礼子 画像「富士スピードウェイ」レーシングコース、引用:富士スピードウェイ公式

そんな高島礼子さんですが、

カーレーサー時代に富士スピードウェイ』にて、2キロの直線コースを時速230キロで爆走していたことを明かしています。

<黒木瞳がパーソナリティを務める「あさナビ」にて>

富士スピードウェイには2キロの直線コースがあります。

私がやっていた「富士フレッシュマンレース」では、230キロは出ていると思います。

どうやら、カーブに入るまでのほんの一瞬だったようですが・・・

はぴ
はぴ
230キロは怖すぎます

ちなみに、

高島礼子さんは2キロの直線距離があるコースだったようですが、

現在では、ストレートの長さが1,475mのこちらが、世界的に見ても、とても長いホームストレートとして掲載されていました!

↓ ↓ ↓
髙島礼子 画像引用:富士スピードウェイ公式

どうですか?

はぴ
はぴ
確かに直線の後はカーブが続いていますね!

このコースで時速230キロも出すなんて、

かなり度胸が据わっていたんだと思われます!

▼バラエティ番組でも題材にされていますよね!

高島礼子 画像引用:Twitter
はぴ
はぴ
懐かしいのでしょうか?目じりを垂らして嬉しそうですね!



レースクイーンをして資金集め

髙島礼子 画像引用:Twitter

前述の通りカーレースの虜になった高島礼子さんですが、夢中になればなるほど、貧乏になっていくばっかりだったそうです!

はぴ
はぴ
バブル時代が一番苦しかったんだとか・・・

なぜなら、カーレースというのは、

レース用の車両価格が約250万円

車を手に入れた後も、

(レースに出場する度に)

車両の改造パーツ代・整備費
レースの参加料
サーキットまで車両を運ぶ搬送料
練習をする為の費用

など、あらゆる費用がかさんでいくという噂です!

それらの資金を稼ぐために高島礼子さんが挑戦したのがレースクイーン!

▼レースクイーン時代の貴重なお写真はコチラ

高島礼子 画像引用:Twitter
髙島礼子 画像引用:livedoor.jp
はぴ
はぴ
今とあまり変わらないですよね?お綺麗です!

ちなみに、このレースクイーンのお仕事がきっかけで事務所に所属!

1988年に『とらばーゆ』というリクルートのCMに抜擢されると、

高島礼子 画像引用:Twitter
  • テレビ局のプロデューサー
  • 松平健(まつだいら・けん)さん

の目に留まり、スカウトという形で華々しい女優デビューとなりました!

カーレーサーとはまるで違ったお仕事ですが、

はぴ
はぴ
当時はカーレースで男性に勝てず限界を感じていた時期で、将来を迷っていたんだとか!

しかも、デビュー作は時代劇の『暴れん坊将軍』

高島礼子 画像若かりし松平健と高島礼子、引用:Twitter

厳格な父親も、時代劇だったから大賛成してくれたんだそうです!

はぴ
はぴ
暴れん坊将軍は特に好きだったみたいです!




高島礼子は現在は大型バイク?

高島礼子 画像引用:Twitter

高島礼子さんは現在、ハーレーダビットソンに乗っているという噂があります!

はぴ
はぴ
さすが似合いますね~!バイク姿もイケてます!

しかし、上のバイクは撮影用らしく、実際の愛車は特定出来ませんでした。

▼少なくとも原付は今でも乗りこなせるようですが・・・

残念ながら、ハーレーに乗っていたのかも確定ではありません。

しかも、

バイク好きは元夫の高知東生(たかち・のぼる)さんの影響との事から

  • 離婚と共にバイクともお別れした

という話も浮上しているんだそうです!

とは言え、乗り物に乗っている時は幸せそうですね!

▼車のハンドルを握る時も

高島礼子 画像引用:エンタメトレンディ

▼バイクに乗っているも

引用:Twitter

▼車の話をしているだけで

高島礼子 画像引用:Twitter
はぴ
はぴ
イキイキしていて、こっちまで笑顔になっちゃいます!

乗り物好きは、今でも変わらないみたいですね!



まとめ

今回は、高島礼子(たかしま・れいこ)さんが若い頃は元ヤンだった事や、カーレーサー時代に時速230キロで爆走していた事についてお伝えしました。

  • 高校時代はレディース所属
  • 16歳で原付免許をとってカーレーサーへ
  • 富士スピードウェイで時速230キロの爆走
  • レースクイーンでレースの資金稼ぎ
  • 時代劇で女優デビュー
  • 現在はハーレーに乗っているのは噂?

という事が分かりましたね!

高島礼子さんは乗り物好きで、本物のアネゴ肌という事が分かりましたね!

最後までお読み頂きありがとうございました。

\話題!/
error: Content is protected !!