ノウハウ

使い捨て100円ライターの捨て方は?残ってる液体のガス抜きと処分方法を徹底解説!

ライター捨て方

使い捨て100円ライターは手軽に買える割に捨てる時はめんどくさい?

  • 普通ゴミに出していいの?
  • ゴミ回収車で爆発したらどうしよう???

と迷っているうちに、ライターが家の中に溜まっていませんか?

そこで今回は、ライターの中に残った液体(=ガス)の抜き方や、処分方法を徹底解説します!

これを知るだけで「使い捨て100円ライター」の捨て方に、もう悩むことはありません♪



使い捨てライターの捨て方ルールは?

使い捨て100円ライターの捨て方のルールは、

  • 使い切って捨てる(=中身を空っぽにする)

です。

これは、ゴミ収集の際の爆発リスクを避けるためで、ほとんどの自治体がこのようなルールとなっています。
(消費者庁の資料にも明記されています。)

参考資料:消費者庁資料:「ライターは正しく捨てましょう」PDF

 

「中身を空っぽにするって、どうやって??」と思いますが、やってみると意外にカンタンなんですよ♪

それでは、順番にご説明しますね。



使い捨て100円ライターを捨ててみた!

捨てる手順は、たったの 3Step です!

 

Step 1 中身を空っぽにする

Step 2 お水に浸す

Step 3 回収ゴミに出す

 

実際にやってみたので、画像を添えてお伝えしますねo(^▽^)o

Step1 ライターの中身(液体ガス)を空っぽにする

事前準備

 

【準備するもの】ガムテープ
【作業場所】風通しのよい屋外

▼ガス抜き前(液体ガスが残っています)

ガス抜き前

▼操作レバーにあらかじめガムテープを貼っておく

フチギリギリに

ガス抜きする

 

1、周囲に火の気のないことを確認する

2、操作レバーを押し下げる。着火した場合はすぐに火を吹き消す

3、押し下げたままガムテープで操作レバーを固定する

押し下げたまま固定

4、炎調整レバーを(+)最大にしてガスを放出

プラス最大に

5、ガスが抜けるまで放置する

★残量半分くらいのガスが、20分程度で空っぽになりました♪
(未使用の場合は、30〜60分くらいかかると思います)

ガス抜き完了

6、着火操作をして火がつかないことを確認

  • 作業は屋外の換気のいい場所で!(室内厳禁)
  • 操作レバーの固定には、ガムテームがオススメ

※ガムテープがオススメな理由は、最近のライターは、子供の事故防止のために操作レバーが固くなっていて、輪ゴムでは抑えられないからです。

Step2 お水に浸す

空っぽになったライターを水に浸します
(発火防止のために、念には念をいれて)

これで、ゴミに出す準備は完了です。

Step3 ゴミ回収にだす

ガス抜き済みのライターを中身の見えるビニールに入れて、決められたゴミの日に出す。

ライターの分別方法は、自治体によってまちまちです。
(日本全国、回収方法がバラバラ)

お住まいのルールにそってゴミにだしましょう。

ちなみに、
横浜市の場合は「燃やすゴミ」の日に回収です。

 

●豆知識●

ライターの中の透明な液体は「ブタンガス」です。
ブタンガスは、ライターの内部圧から開放されると気化します。

ですので、ライターの液体を空っぽにするには、

  • 操作レバーを押し下げた状態をキープすることで、ガスを容器外に放出させる!

という方法をとります。
(未使用の状態だと30分〜1hかかる)

「操作レバーを長時間固定」するには、ガムテープを貼るのがオススメです。



やってはいけない危険行為!

以下の行為は危険なのでやめましょう!

これは絶対に禁止です!!

  • 液体が入ったライターを破壊する
    爆発すると大惨事になります)
  • 液体ガスが入ったままゴミと混ぜて出す
    ゴミ回収車が燃える危険があります)



自分で処分するのが大変な場合

電話

自分で処分するのが困難な場合は、自治体に相談しましょう。

たとえば、「高齢者の家から大量のライターが出てきた」などの場合です。

1〜2本程度ならまだしも、「大量」だと大変ですよね。

自治体によっては、

 

  • 「ライターの液体が残ったまま回収してくれるところ」
  • 「回収ポストが利用できるところ」

 

もあります。

<ここだけのはなし>
横浜市の場合は、
(ライターのガス抜きが困難な場合は)中身の見えるビニールに分別して、ゴミにだしてもOK
と教えてもらいましたよo(^▽^)o

諦めずに、自治体に相談してみてくださいね。

使い捨て100円ライターの捨て方、まとめ

今回は、使い捨てライターの正しい捨て方をお伝えしました。
中身の液体ガスを抜く方法は、思ったよりもカンタンでしたね。
「使い捨てライターが捨てられない悩み」を解消していただけたら嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 



かながわ県民割/GoTo

▼JTB ふるぶトラベル

 

▼楽天トラベル

▼Yahoo!トラベル

▼じゃらん

▼ゆこゆこ