オリンピック

【自転車】脇本雄太wikiプロフ!母・父・弟の顔画像は?年収や戦績も調査!

東京オリンピックでは、自転車競技である「ケイリン」に出場した脇本雄太(わきもと・ゆうた)選手。

残念ながら、準決勝で敗退してしまいメダルは逃してしまいました。

しかし、日本を代表する「ケイリン」選手であることに変わりありません!

この記事では、脇本雄太選手のご家族(母・父・兄弟)や、戦績や年収についてまとめました!

▶︎脇本雄太選手の美人すぎる嫁についてはコチラ

【自転車/ケイリン】脇本雄太のwikiプロフ!母・父・弟の顔画像は?

引用:Twitter

「ケイリン」競技では“日本で一番オリンピックへメダルに近い”と言われている脇本雄太選手。

福井県生まれの32歳で、普段は競輪選手として活躍されています。

競輪選手としては、超有名な選手ですね!

脇本雄太

引用:脇本雄太公式インスタグラム

名前:脇本 雄太(わきもと・ゆうた)
生年月日:1989年03月21日
年齢:32歳
出身:福井県
学歴:足羽中(福井)→科学技術高(福井)→日本競輪選手養成所 静岡
身長:180㎝
所属:日本競輪選手会福井支部
家族:妻(旧姓:高野麻里奈、芸名:柏木まりな)

脇本雄太選手が競輪を始めたのは、高校の部活(自転車競技部)からです。

部活を始めて1年で「国体・少年1kmタイムトライアル」優勝しています。

高校を卒業後「日本競輪選手養成所」に入学して、

2008年(19歳の時)にプロの競輪選手としてデビューしています。

はじめは優秀な選手ではなく、養成所の卒業順位は11位だったそうです。

プロとして実践を積みながら強くなっていき、2011年にはS級1班(競輪の最上ランク)にまで上り詰めたそうです。

また、

脇本雄太選手はオリンピック種目である「ケイリン」と、日本の公営ギャンブルである「競輪」の両方で実績があります。

「ケイリン」は日本発祥の「競輪」をもとに作られた自転車競技。コースの長さやルールなど違いがあります

脇本選手のレースの特徴は“先行逃げ切り”と言われています。

東京五輪でも、最初からトップ独走する「先行逃げ切り」の走りがみられるかもしれませんね。

▽先頭を走って、最後まで逃げ切っているレースはこちら!!



脇本雄太選手の家族(母・父・弟)の顔画像は?

引用:Twitter

脇本選手は小学生の時に両親が離婚しています。

母子家庭で5人兄弟(兄と姉と弟2人)だったので、決して裕福ではなかったそうです。

弟も競輪選手として活躍しています。
(脇本勇希選手)

脇本選手の家族、母・父・弟についてまとめました。

脇本雄太選手の母

脇本雄太選手のお母さま(脇本幸子さん)は女手一つで5人兄弟を育ててくれました。

決して裕福ではなかったのですが、

脇本選手が高校2年生の時には、

30万円もする競技用の自転車を買ってくれたそうです。

いつも応援してくれる、最大の理解者がお母様だったようです。

ですが、脇本選手のお母さまは2011年に膵臓癌で亡くなっています。

▼母・幸子さんの顔画像

母の幸子さんと脇本選手、引用:YouTube

お母様の幸子さんは、とても優しそうな方ですね!

脇本少年と、お顔立ちが似ています。

脇本雄太さんが競輪選手になったのは、「お母さんを助けたい」という気持ちがあったそうです。

お母さまは生前、

「日本一を取ったら、次は世界一だね!」

と言っていたそうです。

脇本選手は高校生の頃から「ケイリン」でオリンピックに出場する夢があったので、

世界を目指すように言っていたんでしょうね。

脇本選手は、“世界一になる”という目標をお母さまに約束したそうです。

2016年にはリオデジャネイロオリンピックに初出場しますが、

世界一からは遠い13位でした。

次に行われた東京オリンピックでは、静岡県の伊豆に移住し、実際のオリンピック会場であ

る「伊豆ベロドローム」で練習やトレーニングをしていました。

移住したことで、「競輪レース」の出場が減って賞金も少なくなってしまいます。

収入源である賞金を減らしてまでも、東京オリンピックを優先しているんですね。

「母親のために絶対金メダルをとりたい。オリンピックに対する執着心は誰よりも強く持っている」

引用:公益財団法人JKAインタビューから抜粋

お母さまが亡くなってとってもつらい経験をしたと思います。

“世界一になる”と前を向いて競技に取り組んでいる姿に、心を打たれますね。

東京オリンピックでは準決勝で負けてしまいましたが、いつかお母さまと約束した“世界一”になれるよう応援しています!

脇本雄太選手の父

脇本雄太選手のお父様について調べましたが、情報がなく顔画像も情報がありませんでした。

まったく情報が出ないのは、お母様との思い出を大切にするためでしょうか。

お父様がいなくても、脇本雄太選手は立派に成長されましたね。



脇本雄太選手の弟・脇本勇希

脇本雄太選手の弟・脇本勇希(わきもと・ゆうき)選手も競輪をやっています。

1998年11月16日生まれの22歳です。

2019年に競輪選手としてプロデビューしています。

脇本雄太選手からは「センスがすごい」と褒められていて注目の選手です。

兄弟で顔が似ていますが、自転車に乗るフォームまでそっくりなんだそう。

兄弟そろって運動神経が抜群なんですね。

ちなみに、脇本勇希選手以外の兄弟は一般の方のため、顔画像も含め情報はありませんでした。

脇本雄太選手が今後もっと活躍したら、メディア露出があるかもしれませんね。



脇本雄太選手の大会成績や年収

自転車競技で日本トップレベルの脇本雄太選手。

大会での成績や、年収について調べてみました。

脇本雄太の主な大会成績

脇本雄太選手はオリンピック種目である「ケイリン」と、日本の公営ギャンブルである「競輪」で実績がある選手です。

ケイリンの成績

2016年 トラック世界選手権 5位/アジア選手権 優勝

リオデジャネイロオリンピック 13位

2017年  ティソUCIトラックワールドカップチリ大会  優勝

2018年  ティソUCIトラックワールドカップフランス大会  優勝

2019年  アジア選手権 優勝・スプリント準優勝

2020年  トラック世界選手権 準優勝

2021年 ネーションズカップ 香港大会 準優勝

競輪の成績

2018年  GⅠオールスター競輪 優勝/GⅠ寛仁親王牌 優勝

2019年  GⅠ日本選手権 優勝

2020年  GⅠ高松宮記念杯 優勝/GⅠ寛仁親王牌 優勝

毎年のように優勝していますね!

これだけの成績をキープし続けるなんて、とんでもない体力と精神力です。

ですが、2016年にオリンピック初出場は予選落ちで13位でした。

脇本選手は「気持ちを整えることが出来なかった」とその悔しさをバネに、

翌年見事に世界優勝しています。

東京オリンピック直前のネーションズカップでも準優勝なので、調子がいいですね!

はぴ
はぴ
2つの競技で活躍するなんて凄いね

脇本雄太選手の年収

脇本雄太選手の「競輪」の獲得賞金額を調べてみました。

日本トップクラスの競輪選手の年収はコチラです!

西暦ランキング獲得賞金額
2012年10位52,316,500円
2013年24位38,212,000円
2014年15位42,792,000円
2015年18位39,673,800円
2016年39位29,697,000円
2017年22位39,398,400円
2018年2位148,773,000円
2019年2位123,534,000円
2020年3位121,004,800円

2018年から1億超えてますよ!!!

2017年に結婚しているので、奥様の支えがあっての年収アップかもしれませんね!

実力があるからこそ、稼げる厳しい世界ですが、

競輪選手の獲得賞金って高額なんですね!

脇本雄太選手の嫁は元レースクイーンで現在は社長です!

▶︎脇本選手の嫁の記事はコチラ



まとめ

今回は脇本雄太選手のプロフィールについてまとめました。

お母様はとても優しそうな方で、シングルマザーとして脇本選手を育ててこられたのもわかりましたね。

脇本選手は、普段は競輪で活躍されており、戦績や年収もトップクラスです。

脇本雄太選手の東京五輪での活躍が楽しみですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

▶︎【画像】脇本雄太の嫁は柏木まりな!元レースクイーン美女!馴れ初めや子供は?

 

\話題!/
error: Content is protected !!