話題

渡辺徹の人工透析は週3回!爆食い食生活による糖尿病で現在は心臓もやばい!?

テレビタレント・司会業で活躍している渡辺徹(わたなべ・とおる)さん。

一時期は、激太りとリバウンドの繰り返しで話題になることが多かった渡辺さんですが、

現在は、持病の糖尿病からくる腎機能の低下のため、2016年から週3回の人工透析になっています。

さらには、大動脈弁狭窄症であることが発近々心臓手術になるそうです(2021年4月27日公表)

明るい性格でお茶の間を笑顔にしてきた渡辺徹さん。

いつから病気だらけになってしまったのでしょう?

元をたどれば、ありえないほどの爆食い食生活が原因だったようです。

この記事では、タレント・渡辺徹さんの現在についてまとめました。

渡辺徹は2016年から人工透析を週3回!2012年には心筋梗塞も

「太陽にほえろ」初期/渡辺徹さん

かつての名ドラマ「太陽にほえろ」では、イケメン刑事役でスリムな姿で登場した渡辺徹さん。

それは、もはや遠い過去の話。

気がづけばいつのまにか肥満キャラが定着し、太ったり痩せたりを繰り返して、リバウンドや病気ネタで注目を浴びてばっかりに。

暴飲暴食の挙句、30歳で糖尿病と診断されるまでになりました。

糖尿病になってからも爆食いを続け、糖尿病がさらに悪化。

内臓の血管がボロボロ、高脂肪食で血がドロドロになったせいで、

ついには、

  • 2012年
    心筋梗塞(心臓の血管が脂で詰まってしまった)
    →心臓カテーテルという管で血管を広げる治療をした
  • 2013年
    膵炎で緊急入院(糖尿病が原因)
  • 2016年
    人工透析開始
    (糖尿による腎臓機能低下)

に至っています。

現在は、週3日の人工透析のため、東京都内にある病院に通われているそうです。

透析しないことには尿がでないので、通院をやめるわけにはいきませんし、

日常的な飲水制限や塩分制限もされているでしょうから、ガマンの多い毎日でしょう。

お仕事は透析のない時しかできないので、スケジューリングも大変ですね。

渡辺徹の糖尿は爆食い食生活が原因!体重増減のリバウンドがすご過ぎ!

そもそも、渡辺徹さんが糖尿病になったのは、高カロリーの暴飲暴食が原因でした。

詳しくみていきましょう。

渡辺徹は子供の頃から太っていた?

渡辺さんは、実は、子どもの頃から太っていたそうで、

1982年「太陽にほえろ!」の時は、出演が決まってからダイエットしたそうです。
(83kg→69kg)

元から痩せていたと勘違いしてましたが、やせていたのは最初の半年だけのようです。

その奇跡の痩せ期間に撮影されたのがキョンキョンとのグリコアーモンドCM

↓  ↓  ↓

小泉今日子と共演のグリコアーモンドのCM ♪約束(1982年)

1982年の渡辺徹

 

はぴ
はぴ
サ・ヨ・ナ・ラ、さ〜っ!グッバイマイシスター〜♪ ってやつです。
キョンキョンがありえないくらい可愛い!

この頃をリアルタイムで知る世代は、「渡辺徹は元から痩せていた」と思い込んでいるようですが、実際には「この時だけ痩せていた」が正解なんですね。

「太陽にほえろ!」が終わる1984年ごろには、体重が100キロを超えに増えていました。

↓ ↓ ↓

2年で変貌!
はぴ
はぴ
子供ながらにショックという声に一票!

バク食いの量がハンパない!

渡辺徹さんの当時の爆食いぶりの例を挙げると、

  • 多い日には、1日6食(6000キロカロリー)食べ
  • 1.5Lのコーラ6本をがぶ飲み
  • カルピスを原液で飲む

などの暴飲暴食をされていたそうです。

太ったり痩せたりのリバウンドが、超ど級

肥満、ダイエット、リバウンドがテレビネタになるほど有名になってしまった渡辺徹さん。

大幅な過食とダイエットを繰り返し、体重が80kg〜130kgの間を行ったり来たり。
振れ幅が20kg〜50kg
かつての「アイドル」要素は、どこかに消え果ててしまいました。

そのかわり、持ち前の明るいトーク力で司会のお仕事などをこなされるようになっていたのですね。



妻・榊原郁恵さんの努力がむくわれず、裏目に?

渡辺徹さんは1987年(26歳のとき)に2歳年上の榊原郁恵さんと結婚されています。

もともとは料理をあまりしなかった郁恵さんですが、徹さんのためにヘルシー食を作るようになります。

妻として間近にいる郁恵さんにとっては、30歳にして糖尿病と診断された徹さんがさぞや心配だったことでしょう。

家庭菜園まで作って、食の徹底サポートをしていました。

ところが、渡辺さんには、それがストレスとなり、その反動で、地方のロケ番組に行った際には、とんでもない爆食い行動に!

例)
ナポリタン、カルボナーラ、ミートソースと種類の違うパスタを3皿一気食い

かつ丼にマヨネーズをかけて一気にかき込む

饅頭10個を一度に口に放りこむ

やりたい放題でますます肥満はエスカレート。

その結果、2012年には、ついに心筋梗塞を発症しています。
(→心臓カテーテルで治療)

徹さんはこの時点でやっと、反省したようで、

女房は父親を心筋梗塞で亡くしているので、余計に怖かったと思う。
本当に申し訳ないことをしました。だから自分は健康でいなければ。
健康でいることは、家族への愛情表現なんです。

(郁恵さんの)ありがたみが分かった。頭が上がらない。

とコメントしています。

郁恵さんは、かつての徹さんのコトバ「終わったことは仕方がないし、失敗したら学べたと思って礼をいえばいい」に救われた過去があるそうですが、

今となっては、逆に「失敗から学んでくれよ!」と言いたくなっちゃいますよね。

心筋梗塞がおわったかとおもったら、翌年には急性膵炎で緊急搬送されています!

これも、元はといえば糖尿が原因なんだそう。

近年は病気ばかりの渡辺徹さんですが、いつもニコニコと寄り添っている郁恵さんの度量がすごいです!



渡辺徹は心臓弁膜症で手術に!?

そんなこんなで、さすがに透析導入以降はハメをはずすことなく過ごしてこられた渡辺徹さんですが、

残念なことに、今度は心臓弁膜症と診断されてしまいました(2021年4月27日公表)

近々手術をする予定とのことですが、コロナ渦で不要不急の手術ができないので、どうなるのか心配ですね。

心筋梗塞の時もカテーテルで治療できたように、弁膜症の手術も内視鏡でできる時代になっています。

無事に手術が成功して、また元気な姿を見せて欲しいですね。

ところで、

1年前からブログを始めた渡辺徹さんのブログには、「マヨネーズ」というキーワードが合計12回も登場します。

今だに懲りてないというか、マヨネーズがよっぽど好きなんですね。

豚しめじニンニク丼にマヨネーズかけて食べてます。

引用:渡辺徹オフィシャルブログ

寿命が縮まないように、ほどほどにしてくださいね。



まとめ

今回は、渡辺徹さんの現在についてまとめました。

・現在は人工透析に週3日通っている
・近々、心臓弁膜症の手術をする
・2012年に心筋梗塞を経験している
・糖尿病は30歳からで、爆食いが原因だった

というのがわかりましたね。

病気を乗り越えて、またいつもの明るい笑顔を見せて欲しいです。

\話題!/