話題

松田ゆう姫の噛み癖がヤバい!兄翔太・龍平と噛合い・鮫キャラのアートも!

バラエティ番組で、独特の個性をぶちゃけている、松田ゆう姫(まつだ・ゆうき)さん。
(歌手/アーティスト、松田優作の娘/松田龍平と翔太の妹)

実兄・松田翔太さんと腕を噛み合っていたり、パイナップルの硬い皮をガリガリ噛んだりと、エグすぎる「噛み癖」が話題になっています。

鮫のお腹から魚が飛び出してるアート作品も発表するほどで、「噛み癖」は重要なのかもしれません。

この記事では、松田ゆう姫さんの「噛み癖」についてお伝えします。

松田ゆう姫の噛み癖がヤバい! パイナップルや鶏の骨をガリガリ!?

松田ゆう姫さんは、テレビ『今夜くらべてみました』で、「硬いもの咀嚼偏食」として、驚愕の食事風景を披露しました!
(2020年6月10日放送回)

パイナップルを硬い皮ごと食べる

手作りサムゲタンの鶏肉の骨をかみ砕く

梅干しの種を歯で割って中の実を味わう

パイナップルを皮ごとかじる

 

驚愕の姿に出演者がドン引き!

ゆう姫さんいわく、

噛み砕く感触がたまらない

のだそうです!

丈夫な歯と胃袋に驚きますが、

パイナップルの変わって食べれるの???・・・という驚きの声も!



松田ゆう姫は、兄の翔太や龍平と噛みあっていた?

松田家の家系図

 

ゆう姫さんの「噛み癖」は幼少期からで、きょうだい(長兄・龍平や次兄・翔太)で噛みあっていたんだとか!

引用:「今夜くらべてみました」予告動画

 

噛み合うのは「愛情表現」なんだとか・・・。

「お兄ちゃんに“手出せ”と言われて、腕を出すとガブッと噛まれて」と、

兄たちと噛み合いをしてアザができることもあったが、「痛さを我慢した勲章がここに残る」と、誇らしげに語った。

引用:日刊大衆

 

はぴ
はぴ
そりゃあ、ドン引きするって・・・。

 

ゆう姫と翔太のきょうだいゲンカがエスカレートしてパトカーと救急車を呼んだこともあるようです!

その時も噛みつきあっていたのでしょうか?

ちなみに、熱愛中のウーマン村本のことも噛んでいるみたいです・・・

↓ ↓ ↓

▶︎松田ゆう姫の歴代彼氏は何人?恋愛観が変でも村本大輔とは結婚できる?

ツイッターでは、

「噛み癖」が理解出来る人や

ヤバいと言う人も・・



松田ゆう姫の「ジョージ・オーシャン」はサメのキャラクターで「噛む」つながり?

2021年1月に発表された、ゆう姫さんのアート作品「ジョージ・オーシャン」はこちらです

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuki Matsuda(@yjymusic)がシェアした投稿

なかなかのインパクトですね。

サメといえば強烈な「噛む」キャラクターです!

ジョージのお腹から魚が飛び出していて、肩からはサンゴが生えています。

つまり、噛むための「口」が体に複数あって、そこから生命が生まれてるんですね!

色違いも!

ずらっと並ぶと、不思議と可愛く思えるのは不思議ですが・・・・。

これがアートの不思議さですね。

そういえば、

楽曲のMVも、脳みそ溶けたり顔が切れたりして、なんだか怖かったです・・・。

ゆう姫さんは、独特の感性の持ち主なんですね。

天才の血が色濃く流れているのかもしれません。

お父さんの松田優作さんといえば、超越した存在感で歴史に名を残す俳優さんでした。

鬼気迫る狂気を演じるだけでなくプライベートも壮絶でしたね。

↓  ↓  ↓

▶︎松田ゆう姫の家系図!家族歴が壮絶で父優作と母美由紀は不倫略奪婚!

松田ゆう姫の家系図!家族歴が壮絶で父優作と母美由紀は不倫略奪婚!松田ゆう姫さん家族歴(ファミリーヒストリー)が壮絶です! 母・松田美由紀と父・優作は不倫略奪愛の末に結婚し、優作は40歳の若さで癌死しています。腹違いの姉も存在するようです。 この記事では、 松田ゆう姫さんの家族歴、ファミリーヒストリーについてまとめました。...



松田ゆう姫は、マスクも「噛み癖」を表現?

松田ゆう姫さんは、マスク姿も個性的!

歯がデフォルメされたプリントで、こちらも「噛む」モチーフ??

↓  ↓  ↓

この投稿をInstagramで見る

 

Yuki Matsuda(@yjymusic)がシェアした投稿

はぴ
はぴ
怖っ・・!ガリガリ噛まれてしまいそう・・・。

松田ゆう姫さんは、男性とお付き合いするかどうか決める時も「キス」でたしかめるそうですが、口の感性が発達しているのでしょうね。

▶︎松田ゆう姫の歴代彼氏は何人?恋愛観が変でも村本大輔とは結婚できる?



まとめ

今回は、
松田3きょうだいの末っ子、松田ゆう姫さんの「噛み癖」についてお伝えしました。

兄と腕を噛み合って愛情を確かめるなど、ちょっと変わった感性ですが、常人にはない感性だからこそアートが生み出せるのかもしれません。

今後のご活躍を楽しみにしています!

\話題!/