話題

絵本「みにくいマルコ」の口が縫われてる理由は口封じ!えんとつ町との繋がりを徹底解説!

西野亮廣さんの最新絵本「みにくいマルコ ~えんとつ町に咲いた花~」が発売になりましたね!
(2021年5月末から順次)

この絵本の主役「みにくいマルコ」は、見た目が醜いネズミのモンスターです。

唇が糸で縫い付けられていて、見るからに不幸になりそうなキャラ。
この記事では、「みにくいマルコ」の口が縫われている理由や、えんとつ町のプペルとの繋がりをネタバレ解説します!

「みにくいマルコ」の口が縫われている理由は「口封じ」

 

マルコが口封じされてる理由

マルコの口が縫われているのは、かつて「えんとつ町」が”外の世界と貿易していた”という事実をバラさないための口封じです。

「えんとつ町」は、300年もの長い間、島全体を黒い煙で覆い隠して鎖国状態になっていましたが、現実には島内での完全自給自足は厳しく、コッソリと外界と貿易して必要物資を調達していたんですね。

外貨を得るために輸出していたのは電力です。

えんとつ町は、街全体が巨大な火力発電所という役割も担っていて、電力を島外に売電していました。

売電のための地下ケーブルで島の外と繋がっていたという裏設定もあり。

マルコたちモンスターは、炭鉱夫として使役され「えんとつ町の秘密」を知っていました。

えんとつ町の秘密は、一部の人しか知らないトップシークレットだったため、住民にしゃべらないように、口が縫い付けられていたんですね。
(かなりブラックな設定ですが・・・w)

映画「えんとつ町のプペル」ではモンスターの姿は登場しませんが、実際はマルコのようなモンスターが地下で働いていました。

「マルコ」は見た目がネズミのモンスターで、左耳もギザギザと縫い付けられています。

普通に考えると結構キモチワルイ設定です。

でも、マルコが悲惨すぎないのは、「目が綺麗(可愛い)」からなんだそうです。

目を美しく描くことで心の美しさを表現できるらしいです(情報元:西野亮廣さんボイシー)

そういえば、映画「E.T」もかなりキモいですが、目が可愛いので、見慣れると愛おしく感じますね。

マルコの謎は、他にもたくさんある?

これは、私の個人的なギモンですが、

  • モンスターといえども食事はすると思うのですが、縫われた口でどうやって食べているのか?
  • 「ララ」とのおしゃべりは一体どうやってた? 腹話術みたいに喋ってたの?
  • 「えんとつ町」に新時代が来たのに、縫われた口は開けてもらえない?

 

などなど、謎がたくさんです。

映画の中にも、数々の伏線をばら撒いている西野亮廣さんのことなので、なにか企みがあるのかもしれませんね。

新しい情報を仕入れたら追記したいと思います。

▶︎映画「えんとつ町のプペル」の伏線と裏設定の記事はコチラ

美少女「ララ」の父は、えんとつ掃除屋の社長「ダン」さん

みにくいマルコ

マルコと恋に落ちる美少女「ララ」は、お金持ちの社長令嬢です。

そして、ララの父親(社長)は、映画「えんとつ町のプペル」のえんとつ掃除屋のボス「ダン」さんです。

ダンララの父親「ダン」

 

「ダン」といえば、

ゴミ人間「プペル」にミシンの仕事を与えたり

スーさん(ずん飯尾)の毒矢で殺されかけたり

でしたね。

ダンさんは、「えんとつ町」が煙で閉ざされた時代から、秘密裏に造船技術を磨いていました。

ブルーノ(ルビッチの父親)が航海に出る支援もしていたのも「ダン」だし、ルビッチとプペルに造船所を貸したのも「ダン」です。

造船ノウハウを持っていたダンさんは、「えんとつ町」が新時代を迎えて外界との交流が始まると、すかさず造船業と貿易で一気にお金持ちになったようです。
(すごい経営センス!)

もしもスーさんの毒矢で「ダン」が死んでいたら、「ララ」は金持ち令嬢ではなく(婚約者もおらず)、「マルコ」とハッピーエンドの可能性もあり?

はぴ
はぴ
それもまた、なんだか複雑なキモチ・・・。

ところで、あの時「ダン」を助けたドロシーは、実は映画の中で密かに殺されていたんですよね・・・。

▶︎ドロシーが死んでいた件をディープ解説!

はぴ
はぴ
ドロシー死んじゃったんで、映画後半のドロシーは、ほんとは双子の姉クレアなんだよね・・。

 

マルコと「えんとつ町のプペル」との関係をネタバレ解説!

西野亮廣さんの絵本最新刊「みにくいマルコ ~えんとつ町に咲いた花~」のストーリーをざっくりとお話しすると、

みにくいマルコ ~えんとつ町に咲いた花~のあらすじ

 

マルコが住んでいるのは、煙が晴れて新世界になった「えんとつ町」(3年後)

醜い容姿のネズミのモンスター「マルコ」は、ヒョンなことから金持ち令嬢の「ララ」と恋に落ちます。

マルコにできるのは、美しい花を摘んでララにプレゼントすることだけ。

しだいにララは、マルコに心惹かれていきます。

でも、ララには親が決めた婚約者がいました。

その婚約者が仕組んだ罠に嵌められたマルコは、泥棒として追われる身に。

ララの前から消えたマルコですが、二人は気持ちで繋がっていました。

夏になると、えんとつ町の夜空には、あの日マルコが摘んできたお花ソックリの花火があがります。

あの花火をあげているのはマルコ?

という切ないラブストーリーです。

設定が「えんとつ町」の3年後、なので、舞台としては繋がっているんですよね。

ちなみに、「えんとつ町のプペル」のモデルは、鎖国していた日本(江戸時代)です。

街並みのモデルは渋谷です

▶︎「えんとつ町のプペル」モデルになった場所5選!渋谷・九份・周南・千日前!

マルコと映画「えんとつ町のプペル」の関係は?

江戸時代が終わり武士が仕事を失ったように、煙を燃やさなくなった「えんとつ町」では、炭鉱夫が失職しました。

失業後のモンスターの再就職先が天才万博(見せ物小屋)だったわけです。

「マルコ」は、映画「えんとつ町のプペル」で姿は見せませんが、スコップ(オリラジ藤森)のセリフの中に登場しています。

スコップスコップ(声:藤森慎吾)

(映画の中で、ルビッチとスコップが最初に出会うシーン)

スコップ:「こりゃあ、地図がまちがってるな、マルコのやろう・・」

この「マルコ」というセリフは、「みにくいマルコ」のことです。

余談ですが、
えんとつ町のプペルの初版台本では、「トーマスの野郎」になっているので、映画直前に「マルコの野郎」に変更されたようです。

これって、西野亮廣さんの「仕込み術」ですね。

映画えんとつ町のプペル台本より

スコップの口から「マルコ」と語らせたことで、「えんとつ町のプペル」と「みにくいマルコ」が同じ世界に繋がりました。

また、「マルコ」と「スコップ」が知り合いだと伏線をおくことで、スコップ(藤森)もマルコ逃亡に手を貸したりかくまってた?という想像もふくらんだりします。

こちらも余談ですが、

町を取り締まっていた「異端審問官(サイサイと言う白い服の人たち)」は、そのまま警察官になっています。

「みにくいマルコ ~えんとつ町に咲いた花~」の今後を考察

さて、ここからは「みにくいマルコ」の絵本の後の世界を勝手に考察してみたいと思います。

絵本では、「マルコ」は、泥棒の濡れ衣をきせられたまま「ララ」と会えずに物語が閉じてしまいます。

この二人は、将来、再び会えるようになるのでしょうか?

私の予想は「二人は会えないまま生涯を閉じる」のでは?という切ない展開です。

理由は、西野絵本が「恋人同士が、遠く離れて逢えない(でも、ずっと想いあっている)というストーリーが多いから。

例えば、

絵本「ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス」
→キャンディ(女の子ロボット)は、恋人のジップ(男の子ロボット)の記憶を無くしたまま生きていく。

絵本「オルゴールワールド」
→束の間の恋の時間を過ごした二人が、遠く離れて思いあって生きていく。
(一緒に聞いたオルゴールの音色で繋がっている)

絵本「チックタック 約束の時計台」
→火事の夜、突然失踪した恋人(女の子)が、数十年の時を経て約束した時計台にもどってくる。
(二人が逢えたのは、老人になってから)

パターンとして、「逢えない」「離れ離れ」「寂しい」、でも、「二人は思い合っている」という展開です。

西野絵本は、子供の絵本らしからぬ、「オトナの昭和歌謡&メロドラマっぽい」んですよね。
(これはこれでイイ感じなんですけどね・・・)

以上のことから、「マルコ」は年寄りモンスターになるまで、地下に潜って一生「ララ」を思って生きていきそうな予感です。

西野亮廣さんは、「えんとつ町」を含む星空のストーリーが完成するまでには30年くらいかかると言われています。

30年の間には一回ぐらい「マルコ」と「ララ」が会える時がくるかもしれませんね。

ちなみに、「マルコ」と「ララ」のどちらかが死んだら、死神ネコの「マルタ・サンポーニャ」が心臓を取り出して星にします。

「えんとつ町のプペル」で心臓を落としたり、映画のクライマックスでルビッチの帽子を拾ってきたのも、この「マルタ・サンポーニャ」という死神ネコの仕業です。

→マルタサンポーニャをディープ解説

「マルタ・サンポーニャ」が、「えんとつ町のプペル」に透明状態で登場したように、今後も西野作品のどこかに「みにくいマルコ」も登場するかもしれません。

地下のどこかで、「ララ」を思いながら生き続けるマルコを、応援したいですね。

まとめ

今回は、
絵本「みにくいマルコ」の口が縫われている理由についてまとめました。

  • 唇が縫われている理由は、「えんとつ町の秘密」をバラさないための口封じ
  • ララは「えんとつ町のプペル」に登場したダンさんの娘
    (ダンは造船と貿易で大金持ちになった)
  • マルコは「えんとつ町のプペル」でスコップのセリフの中に登場していた

というのがわかりましたね。
「えんとつ町のプペル」は、西野亮廣の「星空ストーリー」のほんの序章に過ぎないんですよね。

複数の絵本のストーリーがあちこちで絡み合うのも、今後楽しみです。

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

→「えんとつ町のプペル」の記事一覧!

\話題!/