スポーツ

【2020最新】森且行の年収は億超え!?賞金やレースの成績を調査!

森且行年収は億越え!?

森且行さん(もりかつゆき、元スマップの森くん)が、ついにオートレースで日本一になりましたね!
(2020年11月3日、SG「第52回日本選手権オートレース」の最終日12R@川口)

スマップの突然の脱退からから、24年!

当時からのファンは、ついに日本一になった森くんの姿をみて、感動の涙だったのではないでしょうか。

今回、森且行さんが手にした優勝賞金は1700万円です!

↓ ↓ ↓

賞金額もすごいです!

森且行選手の年収は1億を超えるのでは?

と囁かれていますが、実際はどうなのでしょうか?

また、

森選手のこれまで獲得賞金額は「5億を超えるだろう」と言われていますが、

実際に計算すると賞金総額 6億を軽く超えそう!

なことがわかりました!

はぴ
はぴ
森且行選手の年収と獲得賞金額がすごいです!

カッコよすぎ!

 

この記事では、

  • 森且行選手の2020年の獲得賞金
  • 森且行選手の生涯獲得賞金
  • 森且行選手のレース成績

についてまとめています。

ぜひ最後までご覧ください



森且行の2020年の賞金額はいくら?年収は億越え!?

森且行の2020年の獲得賞金額

2020年11月3日に悲願の日本一に輝いた森且行さん。

この優勝レースの賞金額は1700万円でした。

この時点で、2020年の森且行さんの獲得賞金額は、

2020年の獲得賞金
=33,537,380円

となっています!

オートレース選手全体では、賞金ランキングの5位です!
(2020年11月10日時点)

森選手の賞金額出典:https://autorace.jp/netstadium/Ranking

 

2020年の最新情報によると、

オートレーサーの平均年収は、1165万円(例年の平均だと1,400万円くらい)なので、森選手の賞金額はまさにトップクラスですね!

ちなみに、

トップの選手になると年間に1億円以上の賞金を稼ぐのだとか。

今年の賞金トップは、青山周平選手の50,627,005円ですが、2020年はコロナの影響もあり、例年よりだいぶ少なくなっていると思われます。

森且行の2020年の年収

さて、11月までの賞金額だけでも、3300万円超えの森選手。

日本一になったことで、今やテレビに引っ張りだことなっています。

今後、テレビCM主演やスポンサー契約などが増えていくとかなりの収入増になるのではないでしょうか?

テレビ出演といっても、森くんは元スマップのメンバーでトップアイドルだった経歴の持ち主!

テレビにでても、タレント並(いや、それ以上)のビジュアルです。

「オートレース界の王子様」と言われるほどのルックス。

これまでのサクセスストーリーも加わって、高感度抜群すぎます。

この先、テレビ出演や雑誌や写真集などのお仕事が増えて行けば、年収1億超えもありうるかもしれませんね。

このCMだけでも、グッとくる!

夢を叶えたいってことしかなかったですね。

日本一になる、そこだけしかみてない。

オートレースを好きだってことだけは譲れない

森選手も含め、オートレーサーは基本的には個人事業主。

タレント事務所に所属せず、CM出演料などもダイレクトに入るとなると、かなりの年収になりそうです。

では、これまでの年収はどうだったのでしょうか?

調べてみたら、ものすごい額の賞金を稼がれていました!



森且行の2020年の生涯獲得賞金は6億超え!?計算してみた!

森且行選手が日本一画像出典:オートレース公式HP

 

森選手の2020年の賞金額が、11月の時点で、すでに3300万円を超えていることはわかりましたね。

では、オートレーサーになってからこれまで、過去24年間の生涯獲得賞金はいくらくらいのなのでしょうか?

「5億以上は確実!」と言われていますが、実際には5億どころか、軽く6億越えしそうです!

森選手の賞金データを直近から並べてみました!

2020年

33,537,380円

2019年

19,742,620

2018年 調査中
2017年

20,304,205

2016年

22,467,785円

2015年

24,849,020円

2014年

34,635,015円

2013年

28,428,170円

2012年

25,899,830円

2011年

30,813,350円

2010年

26,391,500円

2009年

35,258,950円

2008年

45,640,500円

2007年

29,551,150円

2006年

28,465,200円

2005年 調査中
2004年

36,351,450円

2003年

38,462,210円

2002年 調査中
2001年 調査中
2000年 調査中
1999年 調査中
1998年 調査中
1997年 調査中
デビュー戦→優勝

(出典:オートレース公式HP)

データからもわかるように、

森選手は、直近の18年間をとってみても、

すくなくとも、年間2千万円〜4千5百万円を、コンスタントに稼ぎ出しています。

調査中の年を除いた賞金額(16年間分)の合計は、約4億8千万円(480,798,335円)

残り8年間分(調査中)についても、すくなくともオートレーサーの平均年収(1,400万円)を上回っていたと推定されます。

仮に、平均の1400万円で計算しても、

1,400万円×8年=11,200万円

この時点で、

4億8千万円+1億1千万円=5億9千万円です。

でもですよ!

考えてみると、

森選手は、デビューの4年後(2000年)からは、S級に昇格しているわけですから、その時点からオートレーサーの平均年収は上回っているはずです

それも加味して計算すると、

森且行選手の生涯獲得賞金は、軽く6億円を突破していることに!

毎年毎年、これだけの賞金を稼ぎ続けてこられた森且行選手。

賞金額は、オートレーサーとしての実力の額!

その年の賞金ランキングの上位にいることは、トップレーサーの証ですね。

森且行選手が、オートレーサーとしてしっかりと結果を出し続けていることに、改めて敬服します!



森且行選手の2020年のレース成績

では、森且行選手の、これまでのレース成績を振り返ってみましょう!

これまでのレース成績!

SG優勝回数: 1回
・日本選手権オートレース ’20年

GI優勝回数: 2回
・キューポラ杯争奪戦(川口)’13年
・開設記念グランプリレース(川口)’09年

GII優勝回数: 3回
川口記念(川口)’14年
オーバルチャンピオンカップ(飯塚)’08年
若獅子杯争奪戦(山陽)’03年

出典:オートレース公式HP

SGレースでの優勝(日本一)は初めてですが、

過去には、G1レースで2回の優勝、G2レースでは3回の優勝をおさめています。

とはいえ、

2013年以降、Gクラスの優勝がストップしていたことを考えると、今回のSGレース優勝(日本一)は、本当に感激だったに違いありません!

日々、努力を重ねてきた結果が実を結ばれたのですね。

本当におめでとうございます!



【2020最新】森且行の年収は億超え!?賞金やレースの成績を調査!まとめ

今回は、

オートレースで日本一になった森且行選手(森くん)の年収や生涯獲得賞金、レース成績についてまとめました。

年間2000万円〜3000万円を稼ぎ続け、賞金総額は軽く6億は超えるのがわかりました!

24年という長期間、怪我に苦しみながらも稼ぎ続けているということは、それだけ実力があるということ。

これだけの結果を出し続けるのは並大抵のことではなかったと思います。

スマップを辞めずに続けていた場合と比較すると収入ダウンなのかもしれませんが、好きなオートレースに没頭できた時間は、かけがえのないものだったにちがいありません。

また、オートレーサーは基本的には個人事業主で、バイクのメンテナンス費用も賞金のなかから自腹で工面しなければならないので、経費がかさむのだとか。

一見、賞金が多い華やかなお仕事にみえても、実際は堅実な生活かもしれませんね。

SMAP時代も、SMAPを辞めてからも、ずっと輝きつづける森且行さん。

この先も、オートレーサーとして活躍し続けて欲しいですね。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。



かながわ県民割/GoTo

▶︎るるぶトラベル

▶︎楽天トラベル

▶︎Yahoo!トラベル

▶︎じゃらん

▶︎ゆこゆこ