えんとつ町のプペル

ずん飯尾が映画「えんとつ町のプペル」のスーさん役!声優抜擢の理由とは?

ずん飯尾が「えんとつ町のプペル」声優に抜擢!

いま、大人気ブレイク中の「ずん・飯尾(飯尾和樹)」さん!

CMやテレビで引っ張りだこですね。

2020年の今年はなんと、

アニメ映画「えんとつ町のプペル」に声優(スーさん役)として大抜擢されています!

「えんとつ町のプペル」は、

キンコン西野(西野亮廣)さんの大ヒット絵本が原作の映画で、制作総指揮はキンコン西野さんご本人です!

この映画のキャストは、西野亮廣さんご本人が「この人に!」と選んだようですよ!

ずん飯尾さん以外は、主演の窪田正孝さん・芦田愛菜さんをはじめとする豪華キャスト揃い。

ずん飯尾さんの場合は、どのような理由で抜擢されたのでしょうか?

声優のイメージがない飯尾さんなので、めちゃめちゃ気になりますね。

この記事では、ずん飯尾(飯尾和樹さん)の

  • 映画「えんとつ町のプペル」スーさん役、声優キャストに抜擢された理由

についてまとめてみました。



ずん飯尾が映画「えんとつ町のプペル」に出演!キンコン西野さんに選ばれた理由とは?

ずん飯尾(飯尾和樹)さんは、2020年12月25日公開の映画えんとつ町のプペル」に声優として出演されます。

飯尾さんの役は「えんとつ掃除屋スーさん」です。

スーサン役はこれ!
ずん飯尾はスーさん役
映画「えんとつ町のプペル」のキャスト

プペル:窪田正孝
ルビッチ:芦田愛菜

立川志の輔 ・小池栄子・ 藤森慎吾・野間口徹・ 伊藤沙莉
宮根誠司 ・ 大平祥生(JO1) ・ 飯尾和樹(ずん)・ 山内圭哉 ・ 國村隼

こんな豪華キャストに混じって抜擢されるとは、ずん飯尾ってすごくないですか?

↓ ↓ ↓

スーサンは、えんとつ掃除屋さん。

「えんとつ」はこの物語のタイトルにもあるように、映画の大事なアイテム。

「スーさん」もまた、なかなかの大事なキャラクターです。

これ、快挙じゃないですか?

声優キャスト選びは、監督で総指揮のキンコン西野(西野亮廣)さんが、みずからオファーしたと言われています。

キンコン西野さんは、YouTubeチャンネル「西野亮廣エンタメ研究所ラジオ【公式】」の中

脚本執筆の段階で、このキャラクターはこの役者さんと決めて、あて書きしていた。

映画えんとつ町のプペル」の声優陣はむちゃくちゃいい!

自身を持って言える!

と語っています。

動画はこちら

▼該当部分から再生(動画の5:30頃です)

 

つまり、

「えんとつ掃除屋スーさん」役は「ずん飯尾」と決めていた!

ということですね!

でも、じつは、

飯尾和樹さんが演じる「えんとつ掃除屋のスーさん」は、なかなかのヨゴレ役です。

一見平和でやさしいおじさんに見えて、いざとなれば暗殺もいとわない黒幕のスパイです。

キャラクターと声優陣の人柄がマッチするようにキャスティングされているこの映画で、ヨゴレ役に抜擢されたということは、西野亮廣さんは、飯尾さんの中に「ヨゴレ」の黒い影をみつけているのでしょうか?

それとも、100%善人にしか見えない人がスパイだったりする世の中の理不尽を描きたかったのでしょうか?

気になりますね!

飯尾さんって、声優経験があるのかしら?と調べてみたら、過去にも、2014年公開のアニメ映画『宇宙兄弟♯0』で声優出演されていました。

当時のコメントでは「口の動きにせりふを収めるのが難しい」と言っていたようです。

あれから、6年。

数々の役柄をこなしてきた飯尾さん。

演技力もかなりのレベルアップをされているのではないでしょうか。



ずん飯尾(飯尾和樹)ブレークまでの経歴、スーサン役にぴったり?

 


長い下積み生活の中、変わらずに続けてきた芸風が時代に受入られてきた「ずん飯尾」さん。

ご本人も、たびたび、

同じことをずっとやり続けてきたことが、ブレークにつながった

と話されています。

あの独特の呑気で平和で正直な雰囲気。

「えんとつ掃除屋のスーサン」は、飯尾さんにはまり役です。

キンコン西野さんは、ルビッチ役の芦田愛菜さんのキュティングについても、

「僕は声がいいというだけでは選ばない。セリフに嘘があってはいけない。

このセリフを言いそうな人って誰かな?と考えて決めた。」

と自身のYouTubeの中で話しています。

「単に演技が上手い」という視点ではなく、声優さん本人が役柄に近い人を選んでいるようです。

こう考えると、

売れない時代からずっと変わらずに続けてきた「飯尾和樹」というキャラがあってこそ、今回の「えんとつ掃除屋スーさん」役の抜擢につながったのだと言えそうです。

▼時代がやっと、ずん飯尾に追い付いた

笑いもピンで漫談やコントなどを見ていると大爆笑!って言うより、「ジワジワ」と笑いがこみあげてくる芸風の、ずん飯尾さん。

俳優としての役柄も同じく、そのとぼけっぷりや意外に高い演技力もあって、やはり「ジワジワ」とその存在感を感じます。

なにかと不自由や息ぐるさを感じがちな今の時代。

ずん飯尾さんの「周りをホッコリと幸せにする存在感」が、ブレークしている理由かもしれませんね。

そして、映画「えんとつ町のプペル」では、「100%安全そうなおじさんが、実は冷酷非情なスパイになりうる」と、世の中の闇を問いかけるキャスティングとなりました!

ずん飯尾(飯尾和樹)

・生年月日:1968年12月22日 現在52歳
・血液型:O型
・出身地:東京都
・学歴:高卒(大学には進学していません)
・身長 173cm・体重 75kg
・家族:嫁(元レースクィーンの林宏美さん)
・子供:いない
・趣 味:旅行、ゴルフ、草野球、
・特 技料理、カウンターでの過ごし方

飯尾さん超ブレイク記事はこちら

ずん飯尾和樹ブレイク!CM出演本数は何本?50代モテモテな理由を調査!ずん飯尾こと「飯尾和樹」さんがブレイク中!CM出演は10本超えで、田中みなみさんなどの若くて可愛い女性との共演も! この記事では飯尾和樹さんの ・現在のCM出演本数は何本? ・芸歴プロフィールや大人気の理由 についてまとめました。ぜひ最後までご覧ください!...



ずん飯尾が映画「えんとつ町のプペル」のスーさん役!声優抜擢の理由とは?まとめ

今回は、ずん飯尾の

  • 映画プペルの声優に選ばれた理由

についてお伝えしました。

頑張りすぎないほっこり笑いで、ジワジワと楽しませてくれる飯尾和樹さん。

映画「えんとつ町のプペル」では、掃除夫「スーサン役」として、

  • 表の顔はやさしいおじさん
  • 裏の顔は冷酷非情なスパイ

という役を見事に演じてくれています!

私も映画の後半で「スーさん」がスパイであることに初めて気がついたわけですが、飯尾さんの声の演技に、見事にだまされました。

映画「えんとつ町のプペル」での飯尾和樹さんは、立派な声優を演じられていましたよ。

飯尾和樹さんの今後の活躍も楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

西野亮廣/絵本・グッズ
error: