マスク

【新旧を比較】ミズノマスクの新型コンフォートタイプは口元のカーブが違う!サイズ感もレビュー

ミズノマスクの新旧比較

スポーツメーカーミズノ(MIZUNO)のマスク(ミズノマウスカバー、通称:ミズノマスク)は、通気性と使い勝手の良さから大人気のマスクです。

2021年になった現在は、新型の「コンフォートタイプ」が登場しています。

旧型(ノーマルタイプ)との違いは、口元のカーブが大きくなり、内部空間が広がったことです。

実際の使い心地やサイズ感はどう変わったのでしょうか?

この記事では、新型と旧型の両方で実物比較した結果を、感想レビューします。

この記事でわかること
  • 新型「コンフォートタイプ」と旧型「ノーマルタイプ」の違い
  • 新型「コンフォートタイプ」のメリットとデメリット
  • 新旧マスクのサイズ感を男女で比較
  • 使い比べた感想レビュー

【画像で比較】新型「コンフォートタイプ」と旧型「ノーマルタイプ」の違い

実際に購入したマスクを使って、新旧マウスカバーの違いをお伝えします。

新旧のカタチの違い

これまでノーマルタイプと新型コンフォートタイプを並べてみました。

実物画像 左:旧型 右:新型

どちらも「Mサイズ」ですが、カタチの違いは一目瞭然ですね!

重ねてみると、口元のカーブの違い(新型のほうが出っ張っている)がわかります!

ミズノマスクの新型コンフォートタイプ比較

出っ張りの分、上下も大きくなった見た目ですが、直線距離だとほぼ同じです。

↓ ↓ ↓

新型のコンフォートタイプでは、顎の下まで布が回り込むデザインのため、上下が長くなった印象なんですね。

新旧の布の違い

布はどちらも同じ

表側の布地は、ミズノマスクでお馴染みの、薄くて軽い「水着素材」で、新旧とも同じです。

ただし、内側に縫い付けてある当て布が、(旧)メッシュ生地から、(新)つるっとしたピンク色生地に変わっています!

↓  ↓  ↓
ミズノマスクコンフォートタイプの見た目

ちなみに、このツルッとした生地は、アイスタッチではありません。

▶︎アイスタッチはこちらの記事でレビューしています。

「コンフォートタイプ」のメリットとデメリット

我が家はこれまで、ミズノマスクの「ノーマルタイプ」「アイスタッチ」の両方を使ってきました。

その経験から比較した新型コンフォートタイプのメリットデメリットは、

▼メリット

口元が出っ張ったので、唇が布にあたらなくなった
(マスクに口紅がつかない)
フェイスラインにピッタリで隙間が少ない

▼デメリット

アゴの下まで布が回り込み、うっとおしい
口元に息がたまる分、暑く感じる
(ノーマルタイプは余分な空間がないため息の排出が早い)

です。

とはいえ、

ミズノマスクは、新旧どちらのタイプでも、1日つけても疲れず耐久性もバッチリな、日常使いにサイコーなマスクです!

一度でも使ったことがある方はわかると思うのですが、通気性がとにかく抜群です。



ミズノマスクの新旧のサイズ感(男性・女性)

次に、実際のサイズ感をご紹介します。

女性/Mサイズ/新型コンフォートタイプ

まずは新型から。

女性は、MサイズでOKです。

横からみると、口元にカーブのボリュームがきています。

女性/Mサイズ/旧型ノーマルタイプ

ノーマルタイプは、鼻先にカーブのボリュームがあります。

並べると、こんな感じ。

  • 新型:口元に空間がある
  • 旧型:鼻先に空間がある

おなじMサイズなのに、横からの見た目はかなり違います。

女性はMでちょうどいい感じです。

ミズノのマスクは、布面積が大きめですが、サイズを下げると耳紐の長さがキツキツになるのでご注意ください。

新型では、顎の下まで回り込む大きさで、ノーマルタイプよりも覆う面積が増えました。

口元が広くなったのは嬉しい反面、覆われすぎによる窮屈感あり???

ミズノマスクの場合は、「鼻の下〜耳の上までの長さ」をサイズ選びの基準にしています。


これは「耳紐の長さが調整できないから」なのでしょうね。

 

男性/Mサイズ/新型コンフォートタイプ

男性が新型のMサイズをつけると、キツキツでした。

男性がミズノマスクのコンフォートタイプをつけた場合

キツキツだと、布地が左右に引っ張られて、真ん中が凹んでしまいます。
(わざと凹ませてないですよw)

生地自体が伸びるとはいえ、小さいサイズだと残念な見た目になるので、ご注意を。



ミズノマスクの「コンフォートタイプ」と「ノーマルタイプ」を使い比べた感想レビュー

結論からいうと、個人的には、新旧どちらも快適です。
(生ぬるい感想ですが、ホンネです)

コンフォートタイプでは、口元の空間が大きくなり、唇が布に触れなくなって衛生的(口紅で汚れない)な気がしますが、

これまでのノーマルタイプでも、唇が布に触れることはあまりなかったので、そこまで新型にこだわる必要はありません。

むしろ、口元の空間に息がたまりやすいデメリットもあるかと・・・。
(空気がたまっても、一般的な布マスクに比べたらよっぽど通気性がよい)

ミズノマスクは、極薄の水着生地で作られているので、ネットに入れて洗濯OKだし、シワにならないし、すぐ乾くくし、いいことずくめです。

これから暑くなる季節には、全力でオススメのマスクですね。

難点といえば、フィルター性能がないことです(飛沫防止効果レベル)

感染対策を強化したいシーンでは不織布マスクを使うとよいですね。

ちなみに、不織布マスクのおすすめはヤマシンのマスクです。

まとめ

今回は、ミズノマウスカバー(通称:ミズノマスク)の、新型の「コンフォートタイプ」について、従来のノーマルタイプとの違いをお伝えしました。

画像で見ると、カーブの違いや口元の空間に違いがあるのがわかりましたね。

結論としては、ノーマルタイプでもコンフォートタイプでも、どちらも快適です。

サイズの選び方としては、布面積で選ぶのではなく、鼻の下から耳までの距離で選ぶのがポイントです。

これから夏に向かい、ミズノマスクは通気性がよくイチオシのマスクです。

ぜひ試してみてくださいね。

この記事が参考になれば幸いです。

\ みんなが買ってるマスクはコレ ♪/
error: