マスク

ヨネックスマスクを店舗購入した口コミレビュー!新型AC482とAC481の違いを比較!つけ心地や大きさや息苦しさは?

ヨネックスマスク(YONEX)を、東京のショールーム(新橋)で購入しました!
(2020年9月16日)

これまでの抽選にはハズレまくったので、店舗での一般販売はとても嬉しいです!

「並べば買える」というなら並んででも!!

今回、店舗販売されたマスクは、合計6万5千枚だそうで、種類は、初代のヨネックスマスク(AC481)から最新のAC482までの3種類が揃っていました。

yonexマスク売り切れ完売

とはいえ、すでに、販売開始2日目にして完売商品もあって、店舗でもなかなかの競争率でしたよ!

でもなんとか、2種類、合計6枚を購入できました。

購入したのは、以下の2種類です。

・3D 抗ウイルス加工マスク(AC482、中国製)

・3D UVカットマスク(AC481、日本製)

実際に2種類のマスクを比べてみると、つけ心地や通気性や耳ひもに大きな違いがありました!

個人的には、「 3D UVカットマスク(AC481、日本製)」の方が、圧倒的に使い心地がよかったです。

そこでこの記事では、

  1. ヨネックスマスクの新型「AC482」と「AC481」の違い!写真で比較してみた!
  2. ヨネックスマスクを実際に使ってみた感想レビュー!つけ心地・大きさ・耳ひも・通気性・息苦しさを比較
  3. ヨネックスマスクは店舗でもすぐ完売?東京ショールームでの在庫状況と混雑状況は

についてお伝えします!

ヨネックスマスクの新型「AC482」と「AC481」の違い!画像で比較してみた!

ヨネックスマスクの種類は?

ヨネックスマスクは、最新型のAC482(抗ウイルスタイプ)も含めて、これまで3種類が販売されています。

直近で抽選販売された最新モデルは、「3D抗ウイルス加工マスク(型番:AC482)」です。

ヨネックスマスクは、型番がAC480〜AC482までの連番になっています。

「AC482」と「AC481」の違い!

最新モデルの「AC482」と「AC481」を比べてみました。

デザインや機能が少しずつ変化しています。

最新モデル!

AC482

 

 

 

3D抗ウイルス加工マスク(型番:AC482)

抗ウイルス効果の生地をつかった最新モデルです!

AC482

価格:1枚¥900(税別)
サイズ:SM、ML
素材:
[表地・裏地]ポリエステル100%
[紐]天然ゴム、ポリエステル
原産国:中国

AC481 3D UVカットマスク(型番:AC481)

UVカットの生地をつかった第2弾モデルです。

なんと、全てリバーシブルです(裏はグレー色)

AC481

 

価格:1枚¥1,100(税別)
サイズ:M、L
※AC481Jとして、アクアブルー、スイートピンクのみジュニアサイズあり。
素材:
[表地・表地]ポリエステル100%※リバーシブル仕様
[紐]ナイロン、ポリウレタン
原産国:日本

AC480 ベリークール スポーツフェイスマスク(型番:AC480)

ヨネックスマスクの初代モデルです。

AC480

価格:1枚¥840(税別)
サイズ:フリーサイズ
素材:
[表地]ポリエステル90%、ポリウレタン10%
[裏地]レーヨン85%、綿10%、再生繊維(セルロース)5%
[紐]ナイロン、ポリウレタン
原産国:中国

出典:ヨネックス東京ショールーム公式ページ
https://www.yonex-showroom.com/tokyo-showroom/

ヨネックスマスクAC481はリバーシブル!

AC481(UVカットマスク)だけが、リバーシブル仕様です。

裏側はどの種類も淡いグレー色になっていますよ!

裏側にもしっかりとロゴマーク付きです。

こんな感じです。

↓ ↓ ↓

▼裏はグレーでYONEXのロゴ付き!

ピンクで楽しんでもいいし、マスクを目立ちたくない場所では、裏側(グレー色)を使っても良いですね。

裏側はロゴも白色で本当に目立たないです(会社で使ってもOKなくらい)

ちなみに、グレー色の裏側もグレー色なので、表裏であまり代わり映えしないです(ロゴの色が変わるだけ) 笑

では、つぎに、実際の画像と使ってみた感想をお伝えします!



ヨネックスマスクのつけ心地・大きさ・耳ひも・通気性・息苦しさ

ヨネックスマスクを実物画像を使ってみた感想をレビューします!

まずは、パッケージはこんな感じです。

ヨネックスマスクの大きさ・サイズ比較

AC482(抗ウイルスタイプ)のサイズ感

AC482(抗ウイルスタイプ)のサイズ展開は、MLサイズとSMサイズの2種類です。

SMサイズはかなり小さいです!

「小顔の女性ならSMサイズでも大丈夫ですよ」、と言われたのですが、耳紐アジャスターを最大に伸ばしても耳紐がキツイです!(子供ならいいかも・・・)

なので、AC482を買うなら、MLサイズがオススメです!

▼正面の着用画像

▼横からの着用画像

AC481 横から見た画像

MLサイズでちょうどいい感じですね!

MLサイズで、このサイズ感なので、当然のごとく、SMサイズだとキツキツすぎて、着用ムリな感じです(布面積はともかく、耳ひもの長さが足りない)

AC482を買うなら、断然、MLサイズが良いですね。

ちなみに、モデルは男性の中肉中背(ちょいメタボ)小顔ではありません 笑

AC481(UVカットタイプ)のサイズ感

AC481のサイズは、L、M、J(ジュニア)サイズの3サイズです。

LとMのサイズの違いは、横幅の長さです(縦方向は同じです)

▼LサイズとMサイズを重ねてみました!違いがわかりますね。

※画像でLの縦サイズも大きく見えますが、実際は同じ長さです。

AC481のサイズ比較

AC481の場合は、耳紐の長さ調整が柔軟にできるので、MでもLでもどちらでもOK。

AC482と比較して、全体的にゆったりした作りで、耳紐が柔らかくてよく伸びる&長めなので、「小さくて困る」ということはなさそうですね。

男性でもMサイズで十分な感じですが、顔をすっぽり覆いたいならLもいいかも(スッピンで外出したい女子には便利 笑)

AC481のMサイズの着用画像

(正面)

AC481 正面画像

(側面)

AC481側面の着用画像

AC481は、ゆったり感があるので、男性でもMサイズで十分でした!

Lサイズだと横幅がさらに大きくなるので、耳もとまですっぽりと覆う感じになります。

耳ひも・構造の違い

AC481(抗ウイルスタイプ)とAC482(UVカットタイプ)の大きな違いは、耳ひもの素材です!!

▼耳紐の素材が違う!

ヨネックスマスクの耳紐の素材の違い

▼耳ひも拡大図

AC482の耳紐は、細くて固いゴム(パンツのゴムを硬くした感じ)なのに大して、AC481の方は幅広でフワフワの柔らかいゴムを採用しています。

・・・というわけで、AC481の方が、つけ心地がよいです。

また、アジャスターの形状も異なっています

AC482のアジャスターは、

筒状のストッパー(素材が固い)を採用しているので、ギリギリまで伸ばしても筒の分だけ長さが短くなります。

一方、

AC481のアジャスターは、

フニャフニャの柔らかいシリコンゴムが使われています。構造も、端っこまで伸ばせるタイプなので長さ調整も柔軟にできます。

この違いは、実際に購入して比べてみないと気がつかないですね!

また、耳ひもの素材感の違いだけでなく、マスク着用時の気持ちよさや縫製の美しさなど、全体の満足度もAC481の方が上でした。

満足度の違いが、AC481が日本製だからなのか、それともお値段の違い(200円の差)なのかは不明です。

最新モデルのほうが快適とは限らないようです。

とはいえ、最新モデルのAC482は、「抗ウイルス」という魅惑的な効果が加わっています。

一方、AC481はUV効果がウリ?です。

単に、最新版というよりは、機能が違う商品と捉えたほうが良いのかもしれませんね。

どちらを選ぶか、悩ましいところです。



通気性や息ぐるしさの違い

ヨネックスマスクは、初代モデルのAC480の時から、「通気がいい」「息苦しくない」という評価が高かったマスクです。

それは、最新モデルまでずっと変わらないようで、AC481もAC482も、両方とも通気性はとても良いです!

息苦しさがない工夫の一つは、ワイヤーによる「3D構造にあるようです。

マスク内部のワイヤーでマスクに「3D」の空間をつくっているんですよ!!

なので、マスクを平置きしても、しっかりと空間を確保!

↓ ↓ ↓

ヨネックスマスクは3D構造

この3D構造で、口元に空間が確保されるので息がしやすいくなっています。

また、吸気時に布が張りつくもの防げるのでとっても快適です!

生地そのものの通気性も、なかなかよいですよ。

ベリークール(キシリトール)の冷感効果は?

ヨネックスマスクは、3種類全てに「ベリークール」が使われています。

ベリークールは、ヨネックス独自の涼感素材で、キシリトール成分が含まれています。

で、その涼感効果ですが、イマイチわかりませんでした。

でも、暑いとは感じなかったし、「息がしやすくて快適」と感じるなかには、ベリークール効果(キシリトール効果)があるのかもしれませんね。

気になったところ

最も気になったのは、新品状態だとちょっと匂いがすること。

「プリントの匂いのなので、使うまえに手洗いを」と書いてありますが、たしかに匂いがきになりますね 笑。

でも、一度エマールで洗ったら気にならなくなりました

最初につけてみて、「臭い」と感じるようなら、我慢しないで先に洗うのをおすすめしますm(_ _)m

▼ハッカで涼しさと香りを付け足すのもおすすめです!

 

 



ヨネックスマスクは店舗で即完売?東京ショールームでの在庫状況と混雑状況は?

今回の店舗販売は、東京にあるショールーム(新橋と秋葉原の2店舗)だけでした。

しかも、販売2日目にして、秋葉原店の在庫は全て完売のようです!

購入した2020年9月16日は、平日(水曜日)の午後にもかかわらず、長蛇の列でした!

整理券配布で約1時間待ちでしたよ。

来館者は、ほぼ全てマスク目当てです。

▼ヨネックス東京ショールームの様子

ヨネックス店内

▼待っている間に、次々に売り切れていきます!

商品リストに「完売」シールが貼られていますね。

yonexマスク売り切れ完売

この日、秋葉原ショールームは全て売り切れたようなので、東京ショールーム(新橋)のほうが狙い目かもですね

▼ヨネックスマスクの在庫状況

※ヨネックス東京ショールームの公式ページで確認できます。

https://www.yonex-showroom.com/tokyo-showroom/

サイトトップページのお知らせ部分に表示がでます。

まとめ

今回は、ヨネックスマスクを、実際に店舗購入した口コミレビューをお伝えしました。

最新版のAC482(抗ウイルスタイプ、中国製)と、少し前に販売されたAC481(UVカットタイプ、日本製)の違いについて、イメージできたでしょうか?

つけ心地やサイズ感は、個人の感じ方によるとは思いますが、ヨネックスマスクを選ぶ際の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ヨネックスマスクの記事はこちらもどうぞ!

ヨネックスマスク買い方
【10月最新】ヨネックスマスク(AC482)を買う方法!店舗販売はいつから?デザインや値段・性能の違いは?(2020年10月15日更新)2020年10月6日からヨネックスマスクが店舗販売されていますね!商品名は「3D抗ウィルス加工マスク(ベリークールフェイスマスク/AC482)」です。名前が「スポーツフェイスマスク」ではなく、「ベリークールフェイスマスク」にリニューアルされています。 そこでこの記事では、 ・ヨネックスマスクを買う方法!ベリークールフェイスマスク(AC482)の店舗販売は?デザイン・カラー・性能は?過去に販売されたヨネックスマスクの情報一覧は?についてお伝えします。...
スポーツマスク(ヨネックス)ベリークールの冷感効果や評判口コミは?暑い息苦しい?ジョギングにも使える?ヨネックス(YONEX)の「スポーツフェイスマスク」のスポーツ使用での効果や実際の評判はどうなのでしょうか?ジョギングに使えるのかも気になります。「暑い」「息苦しい」「熱中症が心配」というスポーツマンの悩みを解決するのでしょうか?体温を約3℃も低下させるベリークール生地の効果も気になります。この記事では、ヨネックス(YONEX)の「スポーツフェイスマスク」の効果や実際の評判口コミ、涼しい?暑い?息苦しい?どんな生地についてお伝えします。...

 

 



\ みんなが買ってるマスクはコレ ♪/
あわせて読みたい